『美女と男子』第16回

おもしろいっ!

先がよめなくて、息をのんで居酒屋の撮影シーンを観ていました。

セリフはアドリブときたか。
テレビドラマならありそうですが映画でもあるのでしょうか。
突然、秋田音頭を歌い始めた田中幸子、民謡歌手? かと思いました。

NHKらしく、しょうもないギャグもたまにあるのですが、もうそんなことはどうでもいい。
美女と男子が自分の気持ちに気づき、最終的にはハッピーエンドになるのでしょう。

「ちゃんぽん食べたか」といい、このドラマといい、今回のNHK、いいではないですか。
(視聴率は低いけど……)

イケメンの町田啓太に目の保養をさせてもらっています。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

光ギガの勧誘

2015/07/22 Wed 

「パソコンをお使いの方いらっしゃいますか? 光回線のお得なご案内です。」
これまで何度も電話があり、めんどくさいので「いません」と言ってすませていました。

今回「お得、 安くなる」との言葉に、話を聞いてしまったのが運のつき。
いかにも、NTTからのような口ぶりで「お使いいただきありがとうございます」を連呼していました。

で、お得な情報とは「速くなって安くなる」というもの。
「そのままで、なにも心配はいりません」をまたまた連呼。
若いお姉ちゃんがゆっくりとかんで含めるようにして「台本」を読んでいました。
そして「フリッパー」とか「クリッパー」とかいう社名、フリーダイアル、営業時間、休業日を告げられ……

ええっ! NTTと違うんかいっ!

不思議なのが、向こうから電話をかけてきたくせに「お名前は?」ときた。
いったい何を見てかけてるの?

一旦切ると、別の女性からまた電話(くわしく説明すると言われて)
なんか怪しい。
劇場型振り込めサギみたい。

「意味がわからん」と言うと「テレビでCMしている光ギガというサービスで、プロバイダ込みで安くなります」と。
そんなCM、見たことない。
つまり、今使っているプロバイダを変更しなくてはならないらしい。
ホントに安くなる?
今のプロバイダがいくらか調べるので、安くなるのかどうか検討すると言ったら、向こうは必死で「いつわかります? 時間は? 明日はお休みなので今から一時間後にもう一度かけさせていただきます」ときた。

「光ギガ 勧誘」で検索すると出るわ出るわ、被害者が続々と。
ちっとも安くならないではないの。

で、一時間後、かかってきました。
「プロバイダ、変えたくない」
「そのプロバイダにどういったこだわりが?」
「とにかく変えたくないので」

終了~!

クリッパー、フリッパー、コラボレーション、はやぶさ、なんちゃら4から6へ、光ギガにご注意。
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

靴はロコンドで

2015/07/20 Mon 

最近はなんでもネットで購入するようになりました。
服は怖くてできなかったのですが、それさえも買いに行くのが面倒でつい……
失敗は多々あります。

で、今回、返品ありきのロコンドで靴を買ってみました。
ネットの買い物は、服より靴のほうが恐ろしいのてすが、ロコンドは試着後30日以内なら返品OKのお店。

とりあえず三足購入してみました。
注文してから届くまで中1日。
早い!

返品用の着払いの送り状も入っていて「返品、ご遠慮なく」のありがたいムード。

一足だけ選んで、あとの二足は即返品決定。
ネットでクロネコに集荷の依頼をして完了しました。

返品はすご~く面倒くさいイメージだったのですが、ここはスムーズにできてありがたい。
送料も無料。
ファンになってしまいました。

こちら(回し者ではありません)→ ロコンド
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『エイジハラスメント』第2話

前回は途中で切れて、クライマックスのところを観られなかったのですが、ああなるほど、あのパターンなのですね。
主人公、啖呵の切り方が弱い。
もっと、ドスをきかせてよ。

プッとふき出すシーンがたくさんあり、なかなか楽しく観られました。
今回は「イタい」がテーマ。

結婚して子どもがいればイタくない……フムフム。
年齢を堂々と言うのは「若い」と言われたいから……フムフム

いやあ、前髪下ろして若作りしている麻生祐未の世にも恐ろしい顔のアップは、女優といえども勇気がいったでしょうに。
目の下のたるみ……怖いっ!
え? メイクじゃない? 天然?
こりゃまた失礼!

で、あの小泉と稲森のラブシーン。
エロいBGMが面白過ぎる。

稲森は既婚で小泉は未婚という設定なのでしょうか。
仕事はバリバリ、夫がいて子どもがいて、若い彼がいる……なんて贅沢!
ま、夫は虫に夢中なようでしたが。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
海外ドラマ「プリズン・ブレイク」のスビンオフかと思ったけれど、全く違いました。
わざとなのか、ウェントワースまでついていて、ややこしいタイトル。

毎週火曜日にhuluでアップされ、今のところ第三話までが視聴できます。

まだ、はまるところまでいかず、そこそこという感じ。
そんなことより「ウォーキングデッド」と「ホームランド」の続きを早くやってほしい。

海外ドラマを手当たり次第観ていますが、1、2話でリタイアするのがほとんどです。
映画も最初の10分でやめることもしばしば。

ツタヤで借りていれば、意地でもラストまで観るけれど、これもHuluだからできるんですよね。

最近は字幕ではなく吹き替え派に転向しております。
もう、文字を追うのが辛いっ!
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)

最優秀賞

2015/07/11 Sat 

公募ガイド社が毎月募集している「TO-BE小説工房」で最優秀賞をいただきました。

課題は「メビウスの輪」
応募総数230作品

応募はこちら→阿刀田高の「TO-BE小説工房」

いつもと違って(佳作は500円の図書カード)分厚い封筒が届いたので、またアンケートか宣伝かと思ったのですが開けてびっくり。
1000円のギフトカードが30枚入っておりました。
ああ、これでお米、しょうゆ、砂糖、マヨネーズが買えます。
ありがとうございます。

とにかく課題が難しく、一編作ったのですがボツ。
「メビウス」をどう理解するかで悩みました。

元にもどる?
エンドレス?
迷宮に入る?

で、ループにしてみよう、ということで書いたのがこれ。
二編目の「山椒魚」はホラーテイストなので楽しみながらスラスラと書けました。

これは子どものころの経験をもとにしたお話です。
祖父の家の庭に小さな池があり、訪れるたびに「山椒魚がいるから見てごらん」と言われていました。
恐る恐るのぞいてみるのですが、実際に姿を見たことがありません。
今思えば、意外に小さかったのではないかと思われます。

今月号の146ページに作品が掲載されていますので、立ち読みでもしていただければうれしいです。
阿刀田高さんの講評をありがたく読ませていただきました。
日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
『 エイジハラスメント』第1話

次々と新ドラマが始まっていますが、まだピンとくるものがありません。
企業ものが多い?

今回のこのドラマ。
脚本が内館牧子ということで、古臭い、ドロドロという先入観で観てしまいました。

録画していたのに、途中で切れてる~
パーティの準備中、要に電話がかかってくるところで終了とは、なんでやねんっ!

どこかで聞いた声だと思ったら、竹中直人がまた同じような役割なのね。
お坊ちゃまの印象が拭いきれない小泉孝太郎、年上彼女稲森いずみとのシーンに違和感が。
どうも似合わない。

男性社員が新入女子社員の主人公をもてはやし、他の女性たちが反発をしています。
若いからって……他の社員も美人ばかりなので、そんなに大差ないけどなあ……
稲森さんでも十分イケてます。

次回は途中で切れないように注意しなくちゃ。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『ちゃんぽん食べたか』第6回

ええ話や~

さだまさしの自伝的小説のドラマ化です。
ファンでもなんでもないんですが、この話はいいっ!

中学から東京に出てバイオリンに励む主人公が、高校三年生で進路を決めるときに挫折。
バイオリンをやめるという息子に父親、母親のそれぞれの対応に涙、涙。

卒業式にはるばる長崎からやってきた母親西田尚美の涙にうるうるとしてしまいました。
仕送り6年間、金銭的苦労と期待を裏切られたショックで泣いたのかと思いきや、「ちゃんと高校を卒業してくれてありがとう」だって。
いやあ、できた母親です。

主人公の菅田将暉くん、本当にバイオリンを弾いているように見えるのですが……
吹き替え?

来週から、大学に入り、芸能界に進む過程がいよいよ描かれるのですね。
楽しみです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
ドラマがほとんど終わり、残すところ「天皇の料理番」「美女と男子」「ちゃんぽん食べたか」になってしまいました。
どれも面白い!

そんな寂しい中、久しぶりの「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」で、あのはまった日々がよみがえってまいりました。

舞台はロンドン、オブライエンはロッカーのようないでたち(似合わんなあ)
そして24時間ではなく、12時間リアルタイムのストーリーです。

久々ですが、改めてクオリティの高さに感心します。
BGM、カメラワーク、ストーリー展開、
最終シーズンまで観ているので、慣れてしまい、たいていのことには驚かないのですが、マンネリといってもやはりすごいの一言に尽きます。



出演者全員、頭がよ過ぎ。
どれだけ回転が速いのでしょう。
もしこんなところに入ったら、もたもたするばかりで即仲間に撃ち殺されますね。

邪魔っ!!って。
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |