Huluで懐かしのドラマ『あしたがあるから』を観ています。

今井美樹と石田純一かと思っていたら、お相手は石橋凌
当時、「なんで石橋凌なんや」と思いましたが、今見ると悪くない、なかなかいいではありませんか。

確か福山雅治を初めて観たのがこのドラマ。
(記憶では聖子ちゃんのドラマだと思っていたのですが)
チャライ男の福山さん、まだまだ若くて魅力がありません。

社長役の 村井国夫は、まだハゲていなくて、ひげがクラーク・ゲーブルのようでステキです。

これって最終的には綿の花をコンビニで売るお話だったかな?
実際、綿の花を売っている店など見たことないのですが、今でもときどき思い出します。

さてさてこのストーリー。
早く結婚して専業主婦になりたい主人公が仕事に目覚めるお話です(まだラストまで観ていないのでなんともいえませんが)
恋のライバルは仕事ひとすじだった仙道敦子

石橋に比べて大柄な今井さんの甘えた声が正直気持ち悪い。
「結婚したい」「家庭に入りたい」と繰り返すのも、現在ではあまり聞かれないセリフです。
ファッションやレストランなど当時の最先端をいっていたのでしょうが、その時代おくれ感もなかなか見ごたえがあり面白い。

主題歌『PIECE OF MY WISH』もステキです。

huluはTBSのドラマが多いみたいなので、「金曜日の妻たちへ」も是非やってほしいわ~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
マダムA 離婚カウンセラーの岡野あつこさんが二度目の離婚をされたんですって。どうやらお相手はふた回りほど年下の方だったみたい。まあ、当然といえば当然の結果?

マダムB 当然だなんて、いじわるね。でもあの痛々しさは見ていられませんでした。やけにお肌ピカピカでアイシャドーがギラギラ。若返っていたなんて言われてましたけど、あれはやってるわね。

マダムA ご主人と並んでもおかしく見えないように必死だったみたい。やるものやって当たり前よ。ああ、なんか辛いわ。

マダムB 焼肉の焼き方で大ゲンカしたらしく、離婚しない三か条に「焼肉は食べない」というのがありました。軽いノリのカウンセラーですこと。

マダムA まあ、離婚で箔がついた、とおっしゃってるんだから、そこはさすがの離婚カウンセラー。でも、ふた回り年下の夫ってどんなんだろ。自分の息子といってもおかしくない年の差ね。

マダムB いいんでないの? 夫のほうさえOKなら。私ならせいぜいひと回りかな。

マダムA ええ~っ! ひと回りでも辛い。年下は三歳まででお願いします。自信がない。

マダムB 大丈夫。年下の夫なら、自分も若く見えるように努力して、きれいになれるから。

マダムA やっぱりイヤだ。年上でいい。

マダムB ジジイでいいの?

マダムA ジジイはイヤだ。

マダムB ババアがなに言ってるの。

マダムA 話は変わるけど、中山美穂さんが離婚ですって。

マダムB ああ、あれも当然ですね。お相手がちょっと変わってられるから……中性に近づきたいらしく、顔がかなり変貌されてました。見る価値ありですわ。究極のナルシスト。

マダムA シャルルドゴール空港での「やっと逢えたね」という名セリフに、彼女はコロリンと参ってしまったのね。

マダムB 普通なら鳥肌ものですが、ドゴール空港で言われたら、私でもコロリンとなるかも。

マダムA ならんならん。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

かわいすぎる犬

2014/03/22 Sat 

もう可愛すぎてたまりません。

三年前に死んだうちの犬は、しかられるようなイタズラはしませんでしたが、目をそらせたり上目づかいに見る表情は同じ。
どこの国もみんな同じなのね。


日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

改稿

2014/03/20 Thu 

いやあ、びっくりしました。

以前、応募した作品を改稿して、別の公募に出そうかな、とせこい考えをしています。

改稿にあたり、最初から読んでみたのですが、今頃になってえらいことに気づきました。
登場人物の名前が途中で変わっているやないか~!

俊介→俊平→俊介

もう何度も読み返しているのですが、全く気づかなかったなんて……
しかもそれを応募していて、しばらく改稿に精を出していて、それでも気づかずに書いていて、今頃にやっと気づくなんて……

ああ、恥ずかしすぎる。

きっと下読みの方も気づかなかった、と前向きに考えております。
ミスもいっぱい見つかり、これではダメだなと実感。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『ファニーゲーム U.S.A.』

うわあ、気分悪い。あと味が最悪です。
かの、あと味の悪さで個人的にワーストワンだった「ミスト」の上を行きそう。

セレブ一家に突然襲い掛かる不幸。
ふたりの頭のおかしい青年の「卵をください」から、じわじわと押し寄せる恐怖。

おもしろい!
ホラー好きにとっては、意外なおもしろさを味わえました。

ナオミ・ワッツが終始下着姿。
ラストあたりで服を着たら、なぜかホッとする。
(一晩で頭が真っ白になったのかた思ったら、元々そんな色なのね。
ヨットのシーンで恐怖のあまり老けてしまったのかとかんちがい)
ファニー

はじめから終わりまで救いようがなく、いや~な気分にさせられます。
必ず助かる、きっと警察が来る、と希望を抱くのですが、ことごとく裏切られ、ラストはおなじみの展開。
いやもう、そうなるのはわかってるって。

でも、最後の最後に警察が~!
どんでんが~!

ありませんでした。
ああ、気分が悪い。
その気分の悪さがおもしろい。

バイオレンスなのですが、映像は大丈夫。
グロいところは見えないし、そこらのホラー映画よりずっときれいです。

こんな映画が好き、と人には言えません、はい。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨日「第5回野性時代フロンティア文学賞」の受賞者が決定しました。

3名→1名です。

発表されたのではなく、最終候補に上がっていたそれぞれの方に編集社から電話が入ったようです。
3名のうちのおひとりをツイッターでフォローしていたので、結果はリアルタイムで知りました。

12日に連絡があるということで、雑誌の発売日と同時なのかと思っていましたが、どうやら雑誌での発表は来月のようです。
人ごとながら、どの方が受賞されるのかドキドキしておりました。

落選した方、受賞した方、当たり前ですが悲喜こもごも。
受賞した方は300万円ゲット、出版、そして作家としての道が開けます。
落ちた方は0円、また一から出直し。
一次で落ちようと最終に残ろうと、落選すれば同じこと、とよく言われますが、それは違うでしょう。
少なくとも自分のレベルがわかる。
箸棒かどうかも。

若い人だけでなくオッサンおばハンの中にも、「作家になりたい」と宣言している方は多くいらっしゃいます。
私も、あとン十年若ければ、作家になりたいなどと言って、恥ずかしい妄想をくりひろげていたかもしれません。

賞金が一千万円以上の「江戸川乱歩」や「このミステリーがすごい」にあこがれますが、なにしろ500枚ほど書かなくてはなりません。
250枚までしか書いたことのない私にとっては、気の遠くなるような未知の世界。
しかも、ミステリー。
書いているうちに、つじつまが合わなくなってしまわないのでしょうか。
頭、いいんだろうなあ……

まあ、なにかをめざして書けば筆も進むというものです。
楽しく書いて、発表でどきどきして、賞金がもらえればサイコーなんですけどね。
人生、そう簡単にはいきません、はい。
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
京料理とフレンチ割烹『龍のひげ』へ行ってきました。

河原町御池、ロイヤルホテル&スパの北側の路地に面しています。
思わず、通り過ぎるところでした。
(注)キッチンと書かれたドアを開けないように。お店のドアはもっと右奥にあります。

140308_1525~01

1階ですが地下室のよう。
床が盛り上がっていてあぶない。(つまずかないように。早く修理して)
140308_1510~01


八寸       サラダ    お造り
140308_1303~01
140308_1315~01
140308_1328~01


焼き物       揚げ物    椀物
140308_1342~01
140308_1402~01

140308_1425~01


釜飯               デザート
140308_1433~01
140308_1440~01
140308_1510~02


コーヒー
140308_1511~01



・ 八寸  
・ サラダ   竹の子と若芽のサラダ
・ お造り   サーモン ひらめ
・ 焼き物   スペアリブ
・ 揚げ物   春野菜の天ぷら
・ 椀物    甘鯛の桜蒸し
・ 釜飯    6種類の中からチョイス 赤だし ちりめん山椒を選びました。
・ デザートとコーヒー

ランチはこの3500円のコースのみです。

すごく凝った料理ばかり。
フレンチというより創作和食でしょうか。
それぞれいろいろな食材を使い工夫されているのがわかります。
一品の量が少ないので(一口で食べられます)、種類は多いのですが、ご飯をいただくまでそれほど満腹感はありません。
欲を言えば、もっと味わうために、一品の量を増やしてもいいのではないでしょうか。

できるなら、パンも出してほしい。
そして、とどめに釜飯。食べすぎ?

フレンドリーなサービスは好感が持てました。

お客さんの出入りがあると寒かったな。

くわしくはこちらをどうぞ→ 龍のひげ
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

佐村河内さんの変身

2014/03/07 Fri 

マダムA あらあ、変われば変わるもんですねえ。どこのおとなしいオッサンかと思いましたわ。

マダムB いやあ、あれはすごい。同じ人物だとは思えません。髪の毛長くして、サングラスかけて、ひげをつけると、だれでもそれなりに芸術家? または胡散臭くなるんですね。それにしても違いすぎ!

マダムA 記者会見の格好で壁に頭をごんごん打ち付けても、さまになりませんものね。普通に眠たそうなオッサン。

マダムB いつも杖ついているので、目が悪いのかと思っていたけど、そうでもない? ちっちゃいだけ? 足が悪いの?

マダムA 手に包帯もしてる。

マダムB それはピアノを弾かされないための予防線ではないでしょうか。まあ、弾けなくても、ゲーム音楽くらいなら打ち込みで作曲できますものね。

マダムA 杖ついて、包帯して、耳聴こえない。ほんで、頭ゴンゴン。役者やのう。

マダムB 化粧して、マスクして、帽子かぶって、マフラーして、手袋して、ヨタヨタ歩いて……私や……
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |