NHKドラマ10『激流』第1回

うわあ、これは面白そう。
中学の修学旅行で行方不明になった女子生徒から「私を憶えていますか?」とメールがくる。
ぞぞぞ……
ミステリーはやっぱり好きです。

二十年ぶりに会った五人の同級生たち。
それぞれが事情をかかえていて、「だれのこと?」とこんがらがってくるのですが、そこは脚本が上手いのか、くり返し〝名前〟を言ってくれるので覚えられそうです。

冬葉は死んでいるのか、生きているのか。
はたまた恨んでいるのか。

修学旅行でいっしょだった男子生徒のひとりが登場しませんでしたが、こいつがメールの犯人?
まさか、それがカンニング竹山ってことはないですよね。
さすがに、すりガラス越しのシャワーシーンは気持ち悪いわ!

来週からベテラン女優も加わるようで楽しみです。

それに引き替え、裏番組のミポリンのドラマ。
古臭いわあ。
そもそも40歳過ぎの女性が友人とマンションを買ってシェアするなんてありえない。
ひとりのほうがよっぽどいいでしょう。
しかも、誕生日に赤いドレスと靴をプレゼント? ないない。

そして、クライマックスの披露宴会場のシーン。
どいてどいて、とか言って入ってこなかった?
う~ん、あんな40はおらんやろ!

てことで、今のAR40を表現したつもりでしょうが、リアリティが全くありませんでした。

大久保さんのドラマも途中までは面白かったのですが……
FBを人に見られるのがいやなら、それなりの設定をしとけよ、とツッコンでおりました。
でも、それならこのドラマは作れませんね。
大久保さんの演技がなかなかお上手で驚きました。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『雲の階段』第10話(最終回)

そうきましたか。
前半、かったるいなあ、理事長のキャラ変わってるやないか、無医村に元婚約者も行くんかい、大団円かい、と思いながら観ていましたが、
ラストの院長の登場あたりで緊張が走りました。

まあ、このまま終わればいいものを

南の島って……
ひどい! 三郎が死ぬなんて! というブーイングを防ぐための、視聴者へのサービスね。

個人的には、拘置所でのお箸をメスにみたててのイメージトレーニング(?)がツボでした。
医療がとことん好きなのね。
そこまで好きなのなら、もっと昔に勉強して資格をとっていればよかったのに、と思ってもあとの祭り。
前科ものでは医師免許などとれないでしょう。

なら、南の島へGO!
すいません、このシーンで笑ってしまいました。

前回はこちら→ 『雲の階段』第9話
テレビ | コメント(5) | トラックバック(0)

志村動物園☆ベッキー

2013/06/16 Sun 

志村動物園

楽しい話のときは見るのですが、感動ものは見ないようにしています。
それでも、ずっと気になっているあの白い犬たち。
どのような経緯で預かることになったのかは知らないのですが、一室の真ん中に置かれた小屋で重なり合うようにして引きこもる二匹の犬の映像は見逃せません。

で、昨日のこと。
ベッキーが次のステップだということで、小屋の屋根をはずしてしまいました。
脅える表情。
いたたまれなくなった一匹は、小屋を出て隠れるところを探す様子でしたが、結局元に戻ってしまいます。
ハアハアと息のあらくなる犬。
うちの亡くなった犬がカミナリに脅えているときの表情と同じでした。

「笑ってる」
その顔を見て言うベッキー。

いやいや、恐怖におののいているんですけど……

いっしょに暮らさないと、あの犬たちの心を開くのは難しいのではないでしょうか。
撮影用の部屋、小屋の前にソファ、カメラ。
屋根を取られ、恐怖はピークに……
あのとき、小屋を覗き込むスタッフも大勢いたのでしよう。

そりゃ、怖いわ!

ところで、トイレは?
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

あじさい

2013/06/15 Sat 

もう何年も前に鉢植えでいただいたアジサイです。

実物は濃いムラサキなのに青い……
130615_1142~01

管理が悪いというか、ほったらかしなので、花はそれほど大きくないのですが毎年ちゃんと咲いてくれています。
今年は今までで一番たくさんの花をつけてくれました。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

『雲の階段』第9話

2013/06/13 Thu 

『雲の階段』第9話

展開、はやっ!

途中まで居眠りそうになっていたのですが、救急病棟を建設するあたりから怒涛の展開になってきました。
足場が倒れて、母親と亜希子が重傷だって!?
いやあ、これぞ、ドラマ。
クライマックスですね。

そして、たいして気にもしていなかった院長の愛人がそう来るとは。
う~ん、うまい!
出演者それぞれがちゃんと役割を果たしています。

当初、悪役?のような設定だったにもかかわらず、やけにいい人になった亜希子の元婚約者。
こちらと結婚していたほうがずっと幸せだったろうに。
まあ、人生、そんなもの。

来週はとうとうつかまってしまう三郎。
出所して島へ戻って……医者になる? なるわけないか。

前回はこちら→ 雲の階段』第8話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
NHKドラマ10『第二楽章』第9回(最終回)

女性の友情を描きたかったのでしょうね。
でも、亡くなるとわかっているのに、子どものことを「奈津美がいるから心配ない」と言われても、そりゃ酷だわ。
どんなに親しくても、友人の子どもの面倒なんてみられるわけがない。

シカゴには誕生を喜ぶ父親も友人もいるのだから、そこにいるほうが自然なのではないでしょうか。

あの母親が世話をする?
それともあの若い男が?

無理やわ~

まあ、美しく終わったようですが、現実はそんなに甘くはないでしょう。

それにしても変なドラマでした。

子どもができるような恋人がいたのに、日本に帰ってきて、友人の夫が忘れられなかったとかほざくし、それがすむと年下の男に鞍替えするし……

ドラマでは、病気や死で感動を与えるのは簡単かもしれませんが、それではあまりに安直すぎる。
ずるい。

いっそのこと「友人の夫が好きだった」ということだけに的をしぼれば、もっと深い友情が描けたかもしれませんね。

新ドラマに期待します。

前回はこちら→ NHKドラマ10『第二楽章』第8回
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
とうとう切ってしまいました~

約17年前、まさかこんなことになるとは露ほども思わず、50センチほどの高さの鉢植えだったゴールドクレストを3本庭に植えました。

どんどん成長して一階の屋根を越え、二階の屋根あたりまで。
一度、植木屋さんに頼んで2mあたりで切ってもらったのですが、その後もどんどんと成長し、再び電線につくかつかないかまで伸びてしまいました。

「まさか停電?」なんてことにはならないだろうなあとハラハラし通しの5月。
毎年脅えるのにも疲れ果て、とうとう植木屋さんに頼んで切ってもらいました。

130607_1047~01

切り口は直径15センチほど。
最初に葉を落とし、一度に倒さず、上から適当なところでチェーンソーを入れていました。
残った木や根っこは、このまま腐っていき、最後は土になるだろうとのこと。

餅は餅屋に限る、と言いますが、本当に身にしみるお言葉。
素人がやると、時間はかかるわ、下ばかり切るので変な形になるわ、あとの処分が大変と、労力のわりにたいしたことはできません。

翌朝、通りがかった人に「広く見えますね」なんて言われ、気をよくいたしました。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

『雲の階段』第8話

2013/06/06 Thu 

『雲の階段』第8話

島が自分の居場所だと改めて感じた三郎。
島の人たちも、手のひら返したしように三郎を歓迎する。
ああ、やっぱり島はいいなあ……

って、もうそんなことより、ずっと目が離せなかった部分がありました。
そこばかりに目がいってしまい、「いやあ、すごい」「はっきりしてるわあ」「絵に描いたみたい」と……

気づかなかったのですが、院長と三郎が話すシーンで目が釘付け。

それは長谷川博己のくちびるの山。

深い!

それを知ってからも他の俳優さんのそこばかりが気になって気になって。
たいていの人はサラッと浅い? のですが、長谷川さんのアップになると、またまた

深っ!

どうでもいいか。

お嬢様役の木村文乃さん
イマイチ、キャラが合わないような気がします。
どちらかというと、貧しくても健気にがんばっているとか、平凡でおっとりとした女性のほうがしっくりくるのではないでしょうか。

前回はこちら→ 『雲の階段』第7話
テレビ | コメント(4) | トラックバック(0)
NHKドラマ10『第二楽章』第8回

世界的なヴァイオリニストに音楽教室の先生になって子どもを教えればいい……

そりゃ、怒るでしょ。
次元が違いすぎるわ。

レーサーに自動車教習所の先生、プロゴルファーにレッスンプロになれってみたいなものでしょ。
ないない。
親切のつもりで言っているのでしょうが、周りのおせっかいにプライドはズタズタです。

そういう茉莉(羽田美智子)もたいがいですね。
産むと決めたのなら、潔く出産に向けて集中すればいいものを、ヴァイオリンがなんちゃらかんちゃらと子どもみたいにダダをこねている。
あげくの果ては、シカゴに帰るだって?

もう、意味がわかりません。

イケメン夫もわかったようなことをほざいていて、なんの役にもたたないし。
みんながみんな、しゃべりすぎるんですよね。
大人なら、もっと心の中で耐えたり秘めたりするものを、あーでもないこーでもないとセリフが多い。

来週は最終回。
どんなところで〆るのでしょう。
女の友情は不滅みたいな?

前回はこちら→ NHKドラマ10『第二楽章』第7回
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |