近江牛ステーキの店「松喜屋」でランチをしました。
滋賀県に本店があり、最近京都に出店されたようです。

ここが四条通り? と思うほど、店内は静かで落ち着いた雰囲気。
隣の席との距離も比較的あり、すだれで顔が見えないようになっているので個室にいるようです。
HPの画像よりずっと高級感がありステキです。

前菜              ステーキ
写真
写真(1)


デザート
写真(2)


本日は2000円のコース。

前菜  近江牛のコールドビーフ・さつまいものレモン煮・秋鮭幽庵焼き・
     卵豆腐・近江地鶏蒸し煮
     肉は泡じょうゆをつけていただきます。

メイン 卓上用鉄板がひとりに一台。自分で焼きます。
    ソース・岩塩・わさび醤油の中からお好みの味でどうぞ。
    脂っこいのがイヤなのでモモにしたのですが、
    とてもやわらかくおいしくいただけました。

デザート 6種類の中から2種類を選びます。
      それらにアイスクリームとコーヒーor紅茶がつきます。

スタッフのサービスも落ち着いていてていねい。
京都のど真ん中の穴場ではないでしょうか。

提携のガレージ(麩屋町)に停めれば1時間分のガレージ代は無料。
知らなかったので大丸のガレージに入れてしまいました。ショック

くわしくはこちらをどうぞ→ 松喜屋
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
「ホテルカンラ京都」の中にあるキッチン カンラでランチをしました。
東本願寺のすぐ北側。
車も通れない狭い路地に面した小さなホテルです。

120922_1415~01

入り口のすぐ前がレストラン。
ロビーと間違えそうですが、れっきとしたレストランです。
ガラスの向こうには民家が見えます。
120922_1406~01

かなり評判がいいので期待していました。
私たちの席以外はすでに満席でマダム(おばちゃん)がいっぱい。
予約をしておいたほうが安心です。


自家製ジンジャーエールと野菜のカクテル 10種類の野菜サラダ
120922_1241~01
120922_1243~01
120922_1253~01


おばんざい盛り合わせ     鯛の炭火焼き      リゾット
120922_1257~01
120922_1319~01
120922_1337~01


デザート
120922_1356~01


~~ スペシャルランチ ~~
■食前の野菜カクテルと黒ゴマのグリッシーニ
■10種類の季節野菜とキノコの菜園風サラダ
■旬な食材と野菜の京タパス盛り合わせ
■本日の鮮魚 または お肉の炭火焼きを2色野菜のソースで。
 鮮魚・京赤地鶏・京もち豚・京都丹波牛(+800円)より選択。
■パスタ または リゾット
■デザートの盛合せ
■コーヒー または 紅茶

2500円(税サービス料込み)を「一休.com」から予約したので2000円でした。
ジンジャーエールも込みです。
いつもアルコールフリーの飲み物を頼むのですが、このジンジャーエールはうれしい。
とってもさっぱりとしておいしくいただけました。

サラダとリゾットはもう少し少なくてもいいような。

とにかくコストパフォーマンスがすばらしい。
野菜たっぷりの体にいいランチでした。

車は烏丸通より一筋西の通り(南行き一方通行)のコインパーキングに停めました。
ホテルのすぐ西です。

くわしくはこちらをどうぞ→ キッチン カンラ
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
『息もできない夏』第11話(最終回)

終わってしまいました。
なんだか途中で居眠りしそうな最終回。

危篤だった要潤が持ち直した時点で、はあ?
危篤だとはいえ、患者は眠っている状態なのに酸素マスクをはずしたら余計苦しくなるではないですか。先生!

江口洋介が結婚するという話を聞いて、なんやかやと偉そうに意見する武井咲
おいおい、小娘がオッサンになに説教垂れてるねん!
まあ、「失礼しました」と反省したので許しましょう。

そしてパリ留学の推薦。
辞退って……同僚のキャラが変わりすぎ!
しかも、戸籍が取れようと取れなかろうと、本社はスキャンダルのあった玲を嫌っているはずなのに。

で、正社員になってパリ留学となり、めでたしめでたしか。

圧巻は母木村佳乃の壮絶なセリフでした。
「玲と出会えるなら、何度でもどんな屈辱でも受ける」だって。
ひぇ~!!
セリフに無理があり過ぎです。

だれひとりとして共感できる人物のいないドラマは逆にめずらしい。

久々につまらなくて面白いドラマでした。

前回はこちら→ 『息もできない夏』第10話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
フレンチレストランセサンバへ行ってきました。
二条城の南側にあるこじんまりとしたレストランです。

オープンキッチンと大きなカウンターが印象的。
奥にはテーブル席が2つあります。

本日は4人でのディナー。

4種類のアミューズ    ムール貝のマリネ  フォワグラと冬瓜と茸のスープ
120915_1809~01
120915_1819~01
120915_1836~01


牛フィレの青胡椒焼き    お茶漬け      スフレグラッセ
120915_1857~01
120915_1915~01
120915_1940~01


紅茶とお茶菓子
120915_2002~01


これらにパンがついて税込みで4830円です。

エスカルゴやムール貝やフォアグラなど、普段食べる機会のない食材を楽しめました。
メインは肉・ホタテ・ホロホロ鳥の三種からひとつ選びます。
ラストにチーズかお茶漬けのどちらかを、デザートも三種の中から選択。

すべてが丁寧。
デザートのあとのお茶菓子には「そこまでするか」と正直驚きました。

2時間たっぷりゆっくり、満足度の高いお店ではないでしょうか。
(今回は店内の写真や外観を撮りそびれました。HPでチェックしてみてください)

場所 京都市中京区御池堀川西入る大文字町233-1
Tel  075-812-2383

御池通りの南側に面しています。
車は店の東側の通り(北行き一方通行)のコインパークに停めました。

くわしくはこちらをどうぞ→ セサンパ
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
『息もできない夏』第10話

イライライライライラ
早く、早く、早く開けて~!
ど、ど、ど、どうだったの~!

クライマックスは焦らしに焦らしました~

残すはあと一回ということで、あちこち片付け始めましたね。
無戸籍の友人は怪しげな仕事からそれなりの施設へ行くという話。
その話、信用していいのか、と思いましたが……いいみたい。

ちなみに彼の母親が同性愛者なんてどうでもいい情報です。

そしてあの後輩記者。
記者をやめて実家の酒屋を継ぐとか。
あれしきのことでやめるなんて、どんだけヘタレな記者や。
まあ、これもどうでもいい情報。

樹山江口洋介といっしょに暮らす女性も、婚姻届を見たとたん軟化してきましたね。

危篤の要潤になんで樹山がかけつける?
あんたが駆けつけても意味ないじゃありませんか。
ある!
要のうわごとを聞いて武井咲を呼びにいったではないですか。
なるほど。

で、ここが肝心のところなのですが、戸籍がもうすぐとれるって……
要の戸籍に入るのは分かっていて手続きは進めていたのですね。
てっきり、DNA鑑定が済むまで保留しているのかと思っていました。

で、全員走るわ走るわ。
木村佳乃はなぜだか転んでいるし。
いまどき、大人が転ぶか~
どんだけベタな演出やねん! と突っ込んでおりました。

来週はとうとう最終回。
楽しみです。

前回はこちら→ 『息もできない夏』第9話 
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
林真理子「徹子の部屋」

今日のゲストは作家の林真理子さん。

徹子さんに何度も「おきれいになられて」「若い」と言われ、間髪入れず「ありがとうございます」と言う林さん。
みなさんに言われ慣れしておられるのでしょうか。

写真集の宣伝もされていました。

「美女入門スペシャル 桃栗三年美女三十年」というタイトルもすごい。

美女入門スペシャル 桃栗三年美女三十年美女入門スペシャル 桃栗三年美女三十年
(2012/07/19)
林 真理子

商品詳細を見る


ということは、三十年かけて美女になったってこと?

いやあ、これはギャグと思えばいいのでしょうか。
案外本気な気配が彼女の受け答えにただよっておりました。

徹子さんは彼女のエッセイのファンらしく、「いつも(ダイエットを)がんばっておられるのね」と始終笑いながらのトーク。
ダイエットや田中宥久子さんの造顔マッサージの話で盛り上がっていました。

中学2年生のお嬢さんは身長166cmで足も顔も大きく、林さんより辛らつだそう。
林さんは気難しいご主人にいつも怒られていて、娘と夫のふたりに気遣いながらの生活だとか。

緊張のせいか、シャネルのスーツが小さいのか、ソファに座った姿勢がずっとカチンコチンで、見ているこちらが苦しくなってしまいました。

還暦近い年齢でありながら、女として貪欲に生きている林さん。
良くも悪くも、貪欲という言葉がピッタリな人だなと思いました。
テレビ | コメント(1) | トラックバック(0)

唯川恵「めまい」

2012/09/09 Sun 

この人の恋愛小説を読んで面白いと思ったことはありませんでした。
というか、甘ったるい恋愛小説自体が好みではないので……

が、「病む月」が意外にすんなり入ってきたので、続いて同じようなサスペンス色の濃い「めまい」を読んでみました。
短編です。

めまい (集英社文庫)めまい (集英社文庫)
(2002/06/20)
唯川 恵

商品詳細を見る


読み進めて行くうちに、「あれ? これって」

おんなじや~!!

FC2小説では公開していないのですが、私が書いているしょーもない話と設定が同じ。
中のセリフまで同じやんか。

展開とラストは違いますが、知っている人が読めば、パクったと思うことでしょう。

いやあ、人気作家と同じ発想をしていたなんて、逆にうれしいかも。

ていうか、だれもが考えるネタだということですね。
独創的ではない。はい


病む月 (集英社文庫)病む月 (集英社文庫)
(2003/06/20)
唯川 恵

商品詳細を見る


「病む月」も面白くて、あのつまらない「肩越しの恋人」を書いた作家とはとても思えません。
いや、これは好みの問題なのでしょう。

この作家は長編より短編のほうが上手いのかも。
いや、これも好みか……
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
マダムA 昨日の「徹子の部屋」ご覧になった? チャンネルを変えて、目に飛び込んできた映像を見て、私のけぞってしまいましたわあ。驚愕!

マダムB 見ましたわよ、朝比奈マリアと雪村いづみ親子。超美形だったマリアさんがあんなお姿になってしまって、なんと申しましょうか、私は辛い!

マダムA あなたが辛いって、関係ないじゃないの。

マダムB いえいえ、当時私はあのマリアさんの髪型を真似ていましたのよ。初めて彼女を見たときにピンときましたの。ヘアスタイルはこれだって。

マダムA ますます関係ない。でも50歳におなりとはいえ、ギャップは激しすぎますわ。あんなにスレンダーでミステリアスだったのに、ただのデブ? おばちゃん? いやいや、あのまま細ければ十分お美しいのに。

マダムB ご主人はTBSのプロデューサー。当時、雪村が「結婚はああいう人がいいのよ」と地味な男性を勧めて、マリアさんも「そんなものかな」と、それほど恋愛したわけでもないのに、ご結婚されたんですよね。私の勝手な記憶ですけど。きっとすぐに離婚される、と思いましたが、続いていますわ。やっぱり母親の言うことは正しかったのね。

マダムA でも、ある意味、雪村母に苦労させられた娘という構図でしたね。往復ビンタをいきなり三回されたって。マリアさんの苦労話に、雪村は全然覚えていないと能天気なものでした。

マダムB それにしても、ハーフの方って太る体質なのかしらね。キャシー中島もきれいなのにデブだもの。惜しい!

マダムA 年をとれば痩せるより太ったほうがいいのよ。痩せると貧相。太るとしわがのび、たるみも上がり、豊かに見えるってものよ。

マダムB でも……あれはやっぱり太りすぎだわさ。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『息もできない夏』第9話

やっぱりね。
予感はしていたのですが、土壇場で北海道への引越しはまさかのキャンセル。
ケーキもテニスも北海道ではできないような母親の口ぶり。

で、ケーキ屋の退職願いも撤回。

ええかげんにせい!

バースデーケーキは特別だとかいって、そのための試作品作りに一日を費やす。
いやあ、どこまでのん気なケーキ屋か。

そしてあの記者も変。
記事にしたことで、世間にさらされるのは初めからわかっていたこと。
「君たちを助けたい」と思っていただなんて。
自分が書けば、樹山さんが再び書きたくなるかもしれないって……
どんな記者や。

江口洋介が女性に「どういうつもりだ。俺たちは違うだろ」と内縁の妻?に言っていましたが……
???
意味不明です。
女性の家に住まわせてもらいながらのそのセリフ。
ああ、大人の事情はわからん。

奇をてらっているつもりがずれている、そんな印象のドラマ。

でも、なぜか毎週観ている。

前回はこちら→ 『息もできない夏』第8話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

佐川男子

2012/09/04 Tue 

昔、ナイトスクープで「佐川急便のお兄ちゃんが好きだ」という女性が出ていました。
あのころは、変わった人という印象でしたが、ここまで来ると彼女は全然変じゃない。
というか、今なら採用されなかったことでしょう。

佐川男子なる写真集が人気だそうです。

佐川男子佐川男子
(2012/08/11)
飛鳥新社編集部

商品詳細を見る


うちに来るのはおっちゃんばかりだなあ。

そういえば美坊主という写真集もありました。

美坊主図鑑~お寺に行こう、お坊さんを愛でよう美坊主図鑑~お寺に行こう、お坊さんを愛でよう
(2012/03/01)
日本美坊主愛好会

商品詳細を見る


沖縄の消防士のマッチョな身体のカレンダーも好評、また人力車を引くお兄さんも人気だとか。
世の女性の好みが草食男子から肉職男子に移行つつある?

まあ、どっちにしても関係ないですがね。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |