かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

Archive2012年01月 1/1

『キルトの家』前編 

『キルトの家』前編 山田太一だからなあ。あの独特のセリフ回しはもう突っ込まないことにして……それでもすごかったのは松坂慶子。いやもうすごいのなんのって、横幅もすごいのですが、あの舞台のような演技はいかがなものでしょう。山田太一なのでそこは百歩譲ったとしても、あの演技はどう欲目に見てもベテラン女優さんではない。学芸会みたいでした。でも、松坂さんは老けないですね。体は肥満と化していても、顔は美しい。シワ...

  •  0
  •  0

『聖なる怪物たち』第2話

『聖なる怪物たち』第2話二時間サスペンスでいいんじゃないのでしょうか。朝加真由美のエピソードは一回きり?引き伸ばし作戦かな。ラ・メールネタに絡んで、中谷美紀が「海がなんちゃらかんちゃら」と長谷川博己に語っているセリフは芝居じみています。そしてふたりの距離が近っ! 近すぎる~!不思議だったのは、代理母を頼まれて驚き逃げた鈴木杏が、うって変わって「私、けいこ先生の子どもを産みます」と晴れやかな笑みで言...

  •  2
  •  0

『最後から二番目の恋』第3話

『最後から二番目の恋』第3話出演者全員のキャラがピッタリ。ということは、演技がうまいのね。普通に楽しめます。女子会というには、とうが立ち過ぎている三人なので、あのシーンと会話には笑わされながらも辟易するところがあります。毎回あるんでしょうね。いやはや……坂口憲二との関係もドラマならこそ。普通に考えて、あんなことある?そこはドラマ、ドラマっと……ありえないことをいかにリアリティをもって表現するか、ですね...

  •  6
  •  0

『タイトロープの女』第1回

『タイトロープの女』第1回へえ~池脇千鶴の顔を初めてじっくり見ました。へえ~こんな顔だったんだ……若くて幼いイメージがあったのですが、今回はアラサーのピアニスト。その父の愛人だった女が高岡早紀。池脇さんは少しやぼったい感じがして、それがねらいなのかもしれませんが、高岡さんの元愛人役はピッタリです。これからのふたりの関係がどうなっていくのかが見ものでしょうか。今のところ、高岡には財産ねらいの線はないの...

  •  0
  •  0

短編小説『聖未亡人』

小説『聖未亡人』をアップしました。私の罪は赦されるのか 5分ほどで読めますので、お忙しいかたもお暇な方も時間つぶしに読んでいただければうれしいです。...

  •  0
  •  0

『聖なる怪物たち』第1話

『聖なる怪物たち』第1話二時間サスペンスをていねいに作り直した感じ?施設で育った姉妹の妹加藤あいが御曹司と結婚するが、子どもの産めない体になる。看護師である姉中谷美紀が不憫な妹のために、子どもを持てるようにある策略をはかる、ってこと?なんか古いなあ。御曹司はいまや大人気? の長谷川博己。引っ張りだこね。彼もその両親もお金持ちによくある強欲な人間でなく、と~ってもいい人ではありませんか。ただ先妻の子...

  •  0
  •  0

『最後から二番目の恋』第2話

『最後から二番目の恋』第2話顔を合わすと憎まれ口をたたくふたり。昔ありましたね。さんまとしのぶ。同じじゃないですか。小泉今日子は今のところ坂口憲二のほうが気になっているようですが、最終的には中井貴一と結ばれるんでしょうね。先週、キョンキョンと飯島直子の夫との間になにかからみはあったのでしょうか?今回、気まずそうにしていたので……(キョンキョンが男ふたりに言い寄られているところを見ただけ、ではないです...

  •  4
  •  0

「ストロベリーナイト」と「ハングリー」

「ストロベリーナイト」と「ハングリー」一話で脱落決定ではなかったのか? って。はあ、まあ、そうなのですが、とりあえずネタのひとつとして……はい。「ストロベリーナイト」ひょっとして面白くなるかもしれない、とかすかな期待をこめて観たのですが、やっぱりストーリーについていけなくて意味不明でした。竹内結子がかわいすぎる。あんなかわいい顔して、えらそうにしても似合わないんですよねえ。スーツ姿はよしとして、髪を...

  •  1
  •  0

なんの花?

開くと別物になるチューリップ。つぼみのままでいることが、本来のこの花の魅力。開いてしまうと、正直、こわっ!茎は120度に曲がり、異様な姿になってしまいました。亜熱帯の花のようです。...

  •  0
  •  0

『早海さんと呼ばれる日』『運命の人』

『早海さんと呼ばれる日』第1話うわあ、なんか、なんか……「早見家の嫁ですから!」だなんて。うわあ、口がくさっても言えないセリフだなあ。松下奈緒は純粋無垢でいい娘なんでしょうねえ。ということで、リタイア決定。でも、ながら見はするかも。ただ、ひとつ、見逃せないのは、船越英一郎の頭。増えてる~!そして同時間帯にある『運命の人』〝ながら見〟をしていたので、意味不明。こちらは、テレビの前で集中して観なくては理...

  •  0
  •  0

『最後から二番目の恋』第1話

『最後から二番目の恋』第1話コメディと知って少々不安でしたが、これくらいなら大丈夫。おもしろくなりそうです。小泉今日子のナレーションは、あの「恋を何年休んでますか」を思い出させます。大好きなドラマでした。が、今回はキャラがまったく違う。おとなしくて優しい有子さん(役名まで覚えてます。彼女の「島ちゃん」という声が今も……)に対し、今回は45才の独身のやり手ババア。タバコぷかぷかのシーンはいまどきめずらし...

  •  0
  •  0

「ストロベリーナイト」と「ハングリー」

「ストロベリーナイト」と「ハングリー」放映の時間帯が反対なのでは?若者向きで軽い「ハングリー」は月9のよう。シリアスな「ストロベリーナイト」は10:00からのほうがいいでしょう。どちらも残念ながら初回で脱落決定。もともと期待はしていませんでしたが、理由はただひとつ〝好みではない〟。結局、おもしろいとか、おもしろくないとかの感覚はすべてはそこなんですよね。お笑いは好きなのに、ドラマのコメディはどうも苦手で...

  •  0
  •  0

プロと素人

昨夜のオカザイルにするか、TEPPENのピアノ対決にするか、今朝の「題名のない音楽会」ジョン・ウィリアムズにするか。ネタは満載、いいたいことは山ほどありすぎてしぼれません。言えることは……どんだけテレビ観てるの~?!まあ、共通して言えるのは、プロはすごい。所詮、素人は素人。えっ? なんのことって?いや、だから、素人対決はそれなりだということです。初回に放送されたときは、あまりにひどくて「これでTEPPENかい!...

  •  2
  •  0

マッサージクッション☆ルルド

う~ん、これはいい。常に肩こりがひどく、なにかいいものはないかと探していました。マッサージチェアは大きすぎて場所をとる。たまたまロフトで見つけたクッションタイプのマッサージ機ルルド。値段も手ごろで、そのくせもみ具合は強い。うう~そこそこ、たまらん。ぐぐぐぅ、ええ~わぁ~送料無料! ルルド マッサージクッション Sサイズ チョコブラウン ※大人気のマッサージクッションが使いやすいコンパクトサイズにな...

  •  0
  •  0

「食べログ」でやらせ

やっぱり~どこかへ食事に行くときは、よく食べログを参考にするのですが、「口コミ」の点数が異様に高い店にかぎってたいしたことがない、ということはよくあります。最近では、岡崎のとあるカフェ。口コミが多く、点数も高い、ということで期待して行きました。が、どうってことない。雰囲気もたいしたことないし、特においしくもないし、値段も高め。また、鴨川横の創作料理の店。たまたま携帯を車の中に忘れたので、ブログには...

  •  0
  •  0

短編小説『雪ふる夜に会えた人』

久しぶりに短編を書きました。こちら→ 『雪ふる夜に会えた人』雪の中に飛び出したものの……いったいここはどこ…… タクシーシリーズ第2作目でしょうか。国語の教科書に載っている『車のいろは空のいろ』の〝タクシー運転手の松井さん〟みたいなもの?以前書いた『ジャズとみかんとタクシーと』をちとひねり、アレンジしてみました。...

  •  0
  •  0

水谷千重子

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ということで、今年最初の記事は水谷千重子。この名前をすでに知っていてファンの方は管理人と同じツボの持ち主。ご存知ない方はあまりバラエティを見ない方とお見受けします。元旦の昼下がり、彼女のパフォーマンスに圧倒され、かじりつくようにテレビを見ておりました。と、そのとき、ニュース速報が。東京で震度4の地震が起こったとか。はた、と気づきました...

  •  0
  •  0
About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。