『冬のサクラ』第3話

2011/01/31 Mon 

『冬のサクラ』第3話

高嶋政伸がこわ~い。
穏やかなときと険しいときの目の表情が上手いのね。

「話があるの、大事な話が」と言っても、忙しいと言ってなかなか聞こうとしない夫。
そしていつも口をつぐんでしまう今井美樹

「話がある」と言うかわりに、早口言葉で「私、脳腫瘍なの!」て言えばいいのに。
もう、しんきくさい!

しっかりとしたドラマなのですが、ちょっとだれてきたかなあ。
途中、眠たくなってきました。

愛してるって言えなくたって愛してるって言えなくたって
(2011/03/09)
山下達郎

商品詳細を見る


今井の友人は院長夫人の座をねらっているのでしょうか。
が、高嶋にはプライドがある。
そんじょ、そこらの男に妻を盗られてなるものか。
ということで、今井の友人はどんなにがんばっても愛人どまりかな?

母子の会話にひいてしましました。
「娘があなたでよかった」
「私もお母さんでよかった」
そんなことは、結婚式の花嫁の母への手紙にでも書いとくれ~!

来週は草なぎ剛と高嶋の対決ね。
見ものです。

前回はこちら→ 『冬のサクラ』第2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

地検のヅラ公開

2011/01/29 Sat 

部下 隊長~! この日をいまかいまかと待っておりました~! そしてやっとやっと解明されたのであります!

隊長 おお! 久しぶりに騒々しい。なにがあったというのじゃ。

部下 ヅラ疑惑だった、というより、ヅラ確定のお方がようやく保釈され、その素頭を公開されました。

隊長 ふむふむ。もしかしてヤツか? マスコミに対してうれしそうに、またえらそうにしゃべっておったヤツ。不自然な頭がいかにもってヤツ?

部下 さようで! 記者会見でそのヅラをはずし、公共の電波にハゲをおさらしになられました。しかし、しか~しです。思っていたほどハゲてはおりません。あの年相応のハゲ具合でありました。ヅラなどつけているより、ずっとずっとよい男に見えました。

隊長 だよね。普通の男に見えた。どうしてヅラなど余計なものをつけていたのか不思議じゃ。本人もさっぱりしたであろう。あらいざらい本当のことを言ってほしいものじゃな。

この方です→ 地検のヅラ
整形・ヅラ | コメント(0) | トラックバック(0)
小説『朝刊に気をつけろ』をアップしました。

朝食

いつもの時間、いつものように朝刊を開いた。ある記事が目にとまった。そのせいで俺の朝は……

なにげない日常をおびやかす瞬間。
それは朝刊に載ったひとつの記事だった。

お読みいただければうれしいです!
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
『美しい隣人』 第3話

ええっ?!
やっぱり亡くなった子は仲間由紀恵の子?
高知東生が夫?
高知はもう結婚しているのだから、仲間と離婚協議中なわけないし……弁護士が入ってもめていることって何だろう。

全然わかりません!

壇れい一家に対する恨みも理解できない。
やっぱり「うちの子じゃなくて良かった」のような発言がテレビで流れ、それを恨みに思ったのでしょうか。

女のドロドロとした感情がこわい、というか面白い。

で、三浦理恵子もツンツンしていないで、はっきり言えばいいのになあ。
「プライベートなことを言わないで」って。
そして壇れいも「何を怒っているの」と訊けばいいのに、オドオドしているし……

ああ、もう、イライラする。
とにかくママ友やご近所同士はベッタリ付き合うな、ほどほどにせよ、と言いたいけれど、壇さんはベッタリが好きなんですよねえ。

どうでもいいのですが、三浦理恵子の店は夫婦で経営しているのね。
人を雇うほど客が来るでもなし、妻ひとりで十分なように思えます。

ところで、スイミングに新しく入ってきた子はだれ?
何か関係がありそう。

う~ん、大どんでん返しを期待してしまいます。

前回はこちら→ 『美しい隣人』 第2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
マダムA ほんとにもう、お騒がせなんだから。あの人の涙にはだまされませんって。

マダムB なにをおっしゃいます、マダムAさま。世の男どもは、わかっちゃいるけどだまされたいのざますわ。あんな可愛い子はどんなにわがままやウソを言っても許されますのよ。アホな男共は逆にいじめられたいんじゃございません? どこにあの方を非難する男がいます?

マダムA 男ってアホ。

マダムB ほんとうに、アホ。それにしてもあの会見のメイクはどうなのかしら。なんやらスッピンメイクとか言われていますが、しっかり化粧はしていたような。でもねえ、目の下のくま、あれはなに? この前、うれしそうに歩きながらインタビューを受けているときはなかったんですよねえ。

マダムA 決まってますわ。あれも同情をひくためのくま取りメイクざます。まあ、歌舞伎の別バージョンかしら。

マダムB それにしても夫のハイパーさんは、まだ離婚に同意したわけではないとおっしゃっているとか。ああ、お気の毒。若い女の子に弄ばれて。

マダムA いいんじゃないの。今まで若い奥様を持っていい思いをしたんですから。これくらい想定内だと思いますわ。

マダムB どっちにしても、どうでもいいから、マスコミは騒ぐなっちゅうの!

マダムA ひゃあ、またまたこわ~い。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

『冬のサクラ』第2話

2011/01/24 Mon 

『冬のサクラ』第2話

う~ん、面白くなりそうだけれど、ちと辛気臭い?
途中、眠たくなってきました。

しかし、医者が患者の検査結果を身内でもない人間に言うかなあ。
まあ、これがないと、草なぎ剛が東京まで行く、という展開にならないので仕方ないのですが。

それにしても、このドラマはかつての冬彦さん現象を再びねらっているのでしょうか。
高嶋政伸の彼女は今井美樹の友人であることは早々とわかっていたのに、あのラストのもったいぶったカメラワークはなんでしょう。
視聴者を「あ~ら~」と驚かせるつもりだったのね。

愛してるって言えなくたって愛してるって言えなくたって
(2011/03/09)
山下達郎

商品詳細を見る


そして、なんであそこでチェ・ジウが登場?
もしかしてあれだけ?
記憶喪失つながりで「冬のソナタ」を意識しているのかな。

久しぶりの今井美樹ですが、大人の女性としてなかなか魅力的ではありませんか。
彼女は美人というより、どちらかというと男顔なのですね。
いや、失礼!

前回はこちら→ 『冬のサクラ』第1話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

イケメン王子たち

2011/01/21 Fri 

これはまさにマンガに出てくる美貌の王子。

見ていて飽きません。
よだれ、よだれっと。

えっ? 気持ち悪い?

いやいや、そんなオカタイことをおっしゃらずにちょっとご覧あそばせ。

もう、夢の世界なのですから♪

↓ こちらはオーランド・ブルーム、じゃなかった、スウェーデンのカール・フィリップ王子
スウェーデン

アゴのしゃくれ具合がオーランドそっくりのイケメン王子です。

↓ で、こちらがかの有名なモナコのアンドレア王子
う、美しすぎる~
モナコアンドレア

さすがグレース・ケリーの孫。
非の打ち所のないお顔です。

こんな人がいるのですねえ。
出るのはため息ばかりですわ。

↓ 「ベニスに死す」のビョルン・アンドレセンに似ていると思ったけれど、全然違うと言われてしまいました~
ビョルン・アンドレセン

そしてドバイのハムダン皇太子
ドバイプリンス

うう~ん、
濃い!
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
感動を呼ぶ少女のアメリカ国家斉唱

八歳の女の子の美しい歌声が響く会場。
歌がラストに入り、盛り上がってきたところ、突如マイクが……

さあ、感動しましょう ← 島田紳助かい!



おっちゃんたち、もう少しのばしてね~
フェルマータよ~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
超短編小説『たそがれの二分間シアター』アップしました。

マネキン

偶然、再会した昔の彼。
あのときあれがなかったら、今もずっと続いているはずだったが……


ほんとに二分で読めます。
男と女の恥ずかしいほどの演技。
ということで、タイトルに「シアター」とつけました。

読んでいただければうれしい!
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

『美しい隣人』第2話

2011/01/19 Wed 

『美しい隣人』第2話

ヒェ~!!
これはホラーではないですか。
仲間由紀恵の手だけ見えている〝おいでおいで〟は驚愕ものでした。
12時前だというのに、行くか?
まあ、この続きはないと思いますがね。

いやあ、だんだん好み路線になってきました。
前回予想していた、仲間が亡くなった子の母親であるという線は見事にはずれ、ていうか、はずれて良かった。
池のそばで泣いている女性の後姿で、明らかに仲間さんではないと確信しました。

でも、仲間がこの人たちと全く関係なくはなさそう。
亡くなった子の父親が高地東生だということは、あれだけの役ではなくまだ何かありそうに思います。
ということは、仲間と高地がグル?

Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)Why? (Keep Your Head Down) (ジャケットB)
(2011/01/26)
東方神起

商品詳細を見る


それにしても、子どもがまだ幼稚園なのに、夫の赴任についていかないのは不自然だし、近所に友達ができたから行かないというのも変。
幼稚園レベルなら、さっさと付いていくでしょう。

友人三浦理恵子の店はソファやテレビがあって、リビングにちょっと手を加えた程度。子どもがゴロゴロしているし、とても店とは言いがたい。
人を雇って営業するほど、客も来ないと思いますが。
それに、店の客といえども、知らない女性から髪飾りをもらうのはさすがに気持ち悪い。
正直、さわるのもイヤだけどなあ。

やたらホタルのエピソードが出てくるところをみると、亡くなった男の子はホタルの幼虫を見ようとして、池に落ちたってこと?
やっぱり、仲間さんはこの事件に関連があると思うのですが……

バックに流れる音楽が恐怖を誘います。

前回はこちら→ 『美しい隣人』第1話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

『冬のサクラ』第1話

2011/01/17 Mon 

『冬のサクラ』1話

いいではないですか。
あまり考えることなく、ゆったりと観られる。
これって、今映画で公開している「僕と妻の1778の物語」のテレビバージョンかと思ったわ。
全然違うのね。
まあ、ヒロインが〝不治の病〟という点では共通していますね。

「大丈夫です」が草なぎ剛の口癖のようですが、頭から血を流した今井美樹に対して「大丈夫です」はないやろ、と突っ込んでおりました。
そして、大柄な彼女をお姫様ダッコして歩く彼……オイオイ、腰、大丈夫?

とてもいい人がはまり役の草なぎくん。
今回も、泣けるほど優しい男を演じています。
正直、母親が亡くなった後の「チリリ~ン」は怖いものがありましたけどね。

今井の夫役は、いつものキャラとは違う高嶋政伸
う~ん、今にも「姉さん、事件です!」と言いそう、って、古いか。

ラストの別れのシーンはあれでいいのですね。
本当なら「お世話になりました」となるはずだけれど、なりしろ前の夜に手を握り合った仲なので、夫と娘の手前そうはいきません。
「マディソン郡の橋」あるいは「Age35」の別れのシーンのアッサリバージョンか。
いやあ、これも古ッ!

病気ものはキライなのですが、大人のドラマということで、最後まで見続けたいと思います。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『告発~国選弁護人』『外交官 黒田康作』

あかん。
ややこしい。めんどくさい。
考える気力なし。

せっかくの田村正和さまなのに、視聴途中でリタイア。

かなりしっかり出来ているように思えたのですが、やっぱり好みじゃないから仕方ないわ。
ジャズだけは楽しませていただきました。

今クールはなんだか事件ものばかりで、うんざりしています。

外交官の黒田さんのほうは最後まで観ましたが、やはり途中から〝ながら見〟になってしまいました。
織田裕二のいかにもカッコつけた表情がなんとも言えません。
草刈民代は一応日本アカデミー賞の最優秀主演女優なのですが、その演技力は個人的に〝それほどでも〟でした。
今回も「シャル・ウイ・ダンス」と同様、表情が乏しく早口。

こちらは海外ロケで派手にやっていて、結構お金もかかっているようなのですが、なんだかなあ……恥ずかしい。
英語も外国人もカーチェイスもすべて安っぽくて恥ずかしいのです。
それに外交官って、あのように事件に首を突っ込むものなのでしょうか。
まあ、次回から日本でのお話になるようで、落ち着いて見られるかと思うのですか。

やっぱりドラマも映画も小説も〝好み〟ですよねえ。
性別・年齢・環境が大きく作用するよね。
と、しみじみ思うのでした~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
野村不動産CMのバックに流れる平原綾香 『Someone To Watch Over Me』に注目!

こちら→ CM動画

いつもステキな場所の映像が見られるので、このCMは結構楽しんでいたのですが、今回は女性の声に反応してしまいました。

この曲は二月に発売されるニューシングル「別れの曲」のカップリングとして、そして三月に発売されるアルバム「my Classics 3」に収録されています。

やっぱりガーシュインはええわあ。

キース・ジャレットのピアノでどうぞ♪


音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

『美しい隣人』第1話

2011/01/12 Wed 

『美しい隣人』第1話

今クール、期待度ナンバーワンなのですが……

途中、ちょっと眠くなってきたかな。

子どもが池に落ちて、それがわが子ではないかという悲壮感の希薄さ。
なぜか、早々と警察署に集まるマスコミ陣。
場所に不釣合いなお祭りの屋台やお神輿や浴衣姿の人たち。

不自然な演出に、少々イヤな予感がしたのですが、そこは女優さんたちの美貌でカバーしていました。
ガタイのいいミステリアスな女、恥ずかしいようなつばの広い帽子、ホタルの話で泣き出す女。
なんとも、不思議なストーリーになりそうです。

仲間由紀恵は、池でおぼれて亡くなった男の子の母親ではないかと思うのですが。
で、幸せな壇れい一家を不幸な目に合わそうとたくらんでいる。
そんなところでしょうか。
えっ? そんなに単純じゃない?

義母の病気で一刻も早くかけつけたいのは分かりますが、別に息子をお隣さんに預けなくても、さっさと車で送り届ければいいのにと、突っ込んでおりました。
えっ? それでは話が進まない?

渡部篤郎の話し方が、森本レオと同じような気が。
役者なら、声は腹から出しましょう……って、どうでもいいか。

近所の夫婦が引っ越すため、皆で集まっている場面がややこしかったかな。
店なのか、それとも家なのか、行ったり来たりもあって混乱してしまいました。
これまたどうでもいいのですが、あの役者さん、ココリコの田中に似ていますよねえ。

まあとにかく、昼ドラのように安っぽくならないことを願うばかりです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『あんたもストーカー』←こんなんできました~
雪をイメージしたのですが……

毎朝、電車で見かける色白の美しい人。気になって仕方ないのに、好かれるのは興味のない色黒の女。

まるで雪には関係ない。
シリアスなつもりが、どうしてもコメディに……

余談ですが、今夜の新ドラマが楽しみです!
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
映画『容疑者Xの献身』

泣ける映画だと巷のうわさで聞いていました。
なるほど、堤真一の迫真の演技が観客の心をつかんだのね。
いやそりゃあ、グッとは来ましたけれど、もっとグッときたところがありました。
泣きたかったのですが、目が雄叫びをあげる彼のそこばかりに行ってしまって……

鼻の穴、デカ!

泣くに泣けなかったわ。

横にそれますが、今回の「ナイトスクープ」のほうが数段泣けますわよ。
戦地にいる父から母に送られたハガキを解読してほしい、という息子からの依頼。
みなさん号泣でした。
リアリティのある話は脚色なんかいらない。それだけで心にしみます。


容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/03/18)
福山雅治、柴咲コウ 他

商品詳細を見る


で、元にもどってですが、
福山雅治のようなカッコいい教授の講義が受けられるのなら、そりゃあ必死でノートをとりますわ。
ていうか、教室は女子学生で満杯になるでしょうね。

それに比べて、堤さんのみすぼらしいこと。
これは彼の演技力なのでしょう。

ちょっと引っかかったのは、松雪泰子の元夫の死体遺棄の方法。
彼の部屋に運んで、風呂場で遺体を切断して川に投げ込んだ?

ここのところが、あまりに軽く流されてしまったので気になりました。

ふたりの天才数学者と物理学者が主人公なら、この話を作った東野圭吾は天才ということですね。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
『LADY~最後の犯罪プロファイル~』1話

今年初のドラマレビューです。
いや、たまたまチャンネルを変えたらやっていて、あわてて集中して観はじめました。
あぶない、あぶない。

で、今回のこの犯罪ドラマ。
よくあるパターンで、設定がなにかに似ていると思ったら、そうそう「BOSS」でした。
あちらはたしか天海祐希がアメリカ帰り。
こちらはプロファイラー北川景子がFBIで学んだとか?

う~ん、メンバーが若すぎ!
頼りない。
リーダーの木村多江も……弱々しそう。

まあ、それはおいといて、今回予想を裏切ってくれたのは、早々と殺されてしまった竹中直人
レギュラーじゃなかったのね。

そして、な、な、なんと連続殺人犯がダイゴでした。
いやあ、あまりのギャップに驚いたのなんのって、なかなかいい演技だったじゃないですか、ヤギになったダイゴも。
マスクからのぞく唇や目だけでは、とうていイケメンには見えなかったのですが……
それに、彼は華奢なイメージだったけれど、結構ガタイがいいみたい。

そして暗い表情のユースケ・サンタマリア
前髪がうっとうしい。
ほうれい線が深くなって老け顔になっていました。
彼がラストに大どんでん返しをやってくれそう。

ハンバーグを捨てる母親の動きが気になり、そのときは気のせいかと思っていたのですが……
丸ごと捨てるのも妙だし、なげやりな感じで怒っているように見えたのは、わざとだったんですね。
演技がこまかい!

苦手な一話完結ドラマ。
来週も観るかはビミョーです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

富士ゼロックス☆CM

2011/01/05 Wed 

富士ゼロックスCM
「パートナーがいれば、あなたの可能性はひろがる」

う~ん、いい!

ジャグラーをしていても、だれからも相手にされなかったYouが、子どもの出現で一躍スターに。

とってもいい感じです。

You & Fuji Xerox 「JUGGLER」篇
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

映画『ミザリー』

2011/01/03 Mon 

映画『ミザリー』

年末の深夜にやっていたのを録画して観ました。
20年前に観ているのですが、内容は全く忘れていて、初めて観たのと同じ状態。

一言でいうと、面白い。
超好み!

途中だれることもなく、あっという間に観終えました。
20年前なのに、画像は驚くほどキレイ。

人気作家の主人公が雪道で車の事故にあい、そこを通りかかったキャシー・ベイツに助けられる。
彼女はその作家の大ファンだった。
懸命に看病してくれていたが、彼女の思わぬ人間性が浮き彫りに……

こわ~!


ミザリーi

衝撃のシーンは見逃せません。
目を皿のようにして、しっかり見るべし!
       ↓
ミザリー1

一箇所だけ笑ってしまいました。
三角巾の腕の中に隠した包丁を、ジェームズ・カーンが取り出す練習をしているところ。

シャキーン!
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
あけましておめでとうございます。

さてさて、今年最初の記事です。
グルーポンで購入した「バードカフェ」のおせちが見本と全く違い、苦情が殺到したという話題。
画像で見ると、それはそれはひどいシロモノでした。
お重にスカスカ状態のローストビーフや生ハム。

おせち2

もう削除されているのですが、その製作現場は金髪の若者たちが衛生管理のゆきとどいていないいでたちで、詰め物作業をしている、というものでした。

21000円かかるところを、グループで購入すれば半額の10500円になるという。
この最近流行っている共同購入システム、かなりお得感があるのですが……

そもそも最初から今回のおせちには21000円の値打ちがなかったのでしょうね。
素人がおせちに手を出して大失敗という図式でしょうか。
サーファー社長がおせちって……

本人ブログによると、原因は以下の通りだと。
この問題に至った経緯としまして広告掲載した内容と比べてボリュームが足りないことと納品の遅れは、500セットの調理と詰め込みに対応が出来なかったことが原因です。
出来ないと判断しキャンセルの依頼をするべきところを、出来ないものを無理に行ったことがこのような事態を招きました。


イマイチ意味がわかりませんが……

結果、水口社長が辞任ということになりました。

「今年はおせち参入を決めた」
「そりゃええ案ですなあ、社長。近年おせちというものは、作るより買う! これでキマリでっせ」
「で、グルーポンから売るつもりなんだが、どう?」
「おお、おお、バッチリでっせ。20000円を半額にいたしやしょう。写真はそれなりに豪勢にすれば、売れるやろ。ただし、写真だけね」
「めちゃくちゃ豪勢な写真をお願いね」
「まかせといておくれやすう」

って、だれ?
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |