久しぶりに短編をFC2小説にアップしました。

『今夜はアラビアンナイト』

ピンヒール赤

きれいなアリス先生。ずっと憧れていたのに……どうして?

最近は二つの長編を書いているので、FC2のほうになかなかアップできませんでした。
これは昨夜と今日の二日間で書き上げました。

やっぱり、短編はラクです。

感想をいただけるとうれしいです。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

『GOLD』4話

2010/07/30 Fri 

『GOLD』4話

ええ~ !?
なに、それ~ !?

あのカメラマンは亡くなった兄の子どもだって?
たまたま娘の写真集のカメラマンだったんじゃないの?
意識的に接近してたということ?

まあ、とにかくネタが散りばめられすぎていて、観ているこちら側も大変ですわ。

次男の心臓病説はなあ……ただの反発でよかったようにも思えるのですが。

そして今回は教育論の中の〝いじめ〟に焦点を当て、賀来千香子を無事退場させました。
思えば遠い昔、「冬彦さん」でヒロインをはっておられた女優さん。
ただの主任で終わるわけがないと思っておりました。

予告編を見ると、天海祐希は兄の死亡原因が自殺とは知らなかったよう。
天海や反町が毎回流す涙は、てっきり兄の自殺の理由がからんでいると思っていたけれど関係なかったようですね。

エド・はるみと亡霊決定の三男はやっぱりチョコット出演でした。

前回はこちら→『GOLD』3話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

自殺防止☆CM

2010/07/29 Thu 

昨日テレビで、自殺防止に役立ったようなコメントで紹介していたので、てっきりACのCMかと思っていたら、出版社エイチアンドアイだったのね。

評判は良かったものの、童話をパロディ化してのメッセージはいかがなものかという批判もあり、早々と放映を止めたそうな。



「人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる。」

なら、そろそろかな。
素敵なことだって……ワクワク
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
スッキリしました~
二階に上がったところに場違いな本棚を置いていたのですが、本日やっと大型ゴミで出すことができました。
本も全部処分済み。

昨夜大騒動して二階から降ろし、玄関前に出しました。

100728_1259~01

処理料は400円×3枚チケットで1200円なり。
回収のおじさんは処理中に散らばった木くずの掃除もちゃんとしていかれました。
ありがたい。

捨てたい楽器もあります。
下取りに出してもタダ同然らしいので、それなら大型ゴミに出すほうがスッキリするのではと……
場所をとるものをいつまでも置いておいても仕方ない。

思い切りが肝心なのですよね~
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
PILOTハイテックCコレトのCM

ツボやわあ。
ラストの外国人が何を言っているのかわからなくて、何度も聴き直しました。



いろんなシリーズがあったのね。
初めて見ました。





既成が当たり前だったのに、自分で選べてセットできるなんてオモシロイ。
視点を変えたアイデアなんですね。
テレビ | コメント(6) | トラックバック(0)

『26時間テレビ』

2010/07/25 Sun 

『26時間テレビ』を見るともなく見ていて、突っ込んだりツッコンだり。

なんでマラソンと三輪車のように同じような耐久レースを二種類もするの?

そうなのだ !

紳助は感動が好き、感動してもらいたい、感動させたいのだ~ !!
だからあのような発言が出たのね。

さあ、感動しましょう。

おいおい、感動って人に誘われてみんなでするものなの?

そしてラストは感動で涙涙のフィナーレってこと?
それなら「24時間テレビ」と同じではないですか。
26時間テレビはそれらしくギャグで通しましょうよ。
昔のドミノ倒しのように、止まったところでカメラマンがズルして倒したように。

感動と涙なんて、もうお腹イッパイでございますわ。
なんか、藤原紀香の結婚式で感動して泣いていた紳助さんを思い出します。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

『GOLD』3話 

2010/07/23 Fri 

『GOLD』3話

このドラマのパターンがだいたい分かってきた。
車の中での天海祐希長澤まさみの小芝居。

そんな~

の合いの手。

天海がテレビや取材で一発教育論をぶちかまし、視聴者の心を揺さぶる。

あなたのお子さんはビューチャイですか? それともプアチャイですか?

エド・はるみを小出し。
ついでに、亡霊のような男の子も小出し。

たまに出てくる涙のシーン。
第一回は天海さんの歩きながらの涙。
今回はシャワーを浴びながらの反町隆史の涙。

この涙の意味が分からないんですよねえ。
そこまで泣く意味が……

寺島進もなにか言いたげだったので、ここはびっくら仰天するほどのことがあったのだと期待することにいたします。

ちなみに日本人は〝ゴールド〟というより〝金メダル〟と言ったほうがピンときますが、『金メダル』というタイトルなら正直ずっこけますわなあ。ハイ

前回はこちら→『GOLD』2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
「とくダネ」世界オモシロCMでオランダの保険会社のCMを紹介していました。

いやあ、なつかしい音楽だわ。



こちらはアダムとイブ。
初めて出会ったアダムはオカマだった?
なんでこれが保険につながるのかは謎です。



股間の異様にでっかい葉にばかり目がいきました~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
〝とくダネ〟で気になるCM特集をやっていた。

で、やはり前から気になっていたPanasonic ムービーデジカメ LUMIX FX70 のCM。

「子どもがこんなにキレイなフォームできるわけない。CGに決まっている」

「CGやったら意味がない。本物に違いない」

「CGや。顔もかわいいし、子どものモデル」

「いいや、本物」

「CG !!」

「本物」

「CG !!」



ガ~ン !! 本物でした~

この子、すごすぎ !!
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
たまたま朝早くテレビをつけたら、「ボクらの時代」林真理子・中園ミホ・中井美穂の三人が食事をしながらトークされていました。

我が目を疑うというか、ビックリ仰天したのが中井さん。
すご~く太られていて、指もぷっくり二の腕もこんもり、かなりガタイが良くなっていて、最初林さんと見間違ったのかと思ってしまいました。

彼女は顔は細くて小顔でいらっしゃるので、デブの印象は全くないのですが、体はかなりきていましたね~
いやホント驚きました。
あれなら最近ダイエットでやせたと評判の林さんとあまり変わらないかも。

朝から見てはいけないものを見たようなショッキングな映像でございました~

って、失礼ね !!

スンマヘン
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

『GOLD』2話

2010/07/16 Fri 

『GOLD』2話

いやあもう、中身満載というかてんこ盛りというか。
面白いけれど、ちょっとしつこいかも。

天海祐希の毎回の力説には納得する部分もあり、いつのまにか彼女のペースに乗せられてしまっています。
まあ、彼女のキャラにピッタリで、最初に天海さんありきで作られたようなドラマかな。

第1話では、もっとコワモテっぽい女だと思っていたけれど、リカちゃん人形あたりを出すところは「結構三枚目なのよ」と意外性を強調。

それにしてもユーミンの「DESTINY」の歌詞って……

──昔の彼と再会したら、横に新しい彼女がいてプレゼントされたものらしき小さな箱を持っていた。
自分はときたら、この日に限って安いサンダルを履いていた──

と、思って歌詞を調べたら……

──いつ再会してもいいようにいつも着飾っていたのに、そんな日にかぎって安いサンダルだった──

のような内容の歌詞でした。

エド・はるみは先週掃除夫となって天海に近づいていたはずなのに、今週はまたまた電話だけ?
過去に天海となにか関係があったのか、それとも天海の理論に対する憎しみか。

そして小さな男の子はこの世に存在しないものなのね。

う~ん、ネタがいっぱいですなあ。

前回はこちら→『GOLD』1話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『ノルウェイの森』の映画化にあたり、主題曲がそのものズバリ、ビートルズの『ノルウェイの森』を使用されるという。
個人的に思い入れのある曲ですが……

しかしこのベストセラー小説は20年以上前のもの。
それが今になって映像化されるとは、よほどすばらしいに違いない。

Rubber Soul (Dig)Rubber Soul (Dig)
(2009/09/09)
The Beatlesthe Beatles

商品詳細を見る


ということで、先日我が家の本棚から赤い装丁のそれを取り出し、いざ読もうとしたけれど、2、3ページで脱落してしまいました。
いや、当時はちゃんと最後まで読んだのですが、もう今となっては感覚がわからないような合わないような。

悲しいわ~



村上春樹といえば、今ブームを巻き起こしている(おそい?)『1Q84』が有名です。
これも借り物ですが、〝読め読め光線〟を発して手元に転がっております。
今読んでいる小説が終われば、とりかかろうと思っているのですが、「おもしろい?」とたずねると「普通」という返事。

せめて「そこそこ面白い」と言わんかい !!

村上春樹『1Q84』をどう読むか村上春樹『1Q84』をどう読むか
(2009/07/22)
河出書房新社編集部

商品詳細を見る
映画 | コメント(2) | トラックバック(0)
ドイツサッカーの監督であるイケメンのレーブ氏
いつもマフラーを巻いたファッションもオシャレで、ドイツ女性を、いや世界の女性を魅了させていたチョイワルオヤジ風の彼。
ファンも多かったのではないでしょうか。

その彼がなんと……アレがお好きだったとか。
嗜好品といえばいいのか、幼いころからの癖といえばいいのか、とにかくアレが好きだったのね。

「う~ん、塩味が効いていて美味い !」



ついでにアソコも嗅いじゃおう。
「う~ん、くさっ !!」
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
YouTubeで一躍注目を浴びデビューとなったシャリース・ペンペンコ
圧倒的な歌唱力のあるフィリピン人の彼女は、アメリカでもその実力を認められたという。
若干17歳の若さで歌う「I Will Always Love You」は鳥肌ものです。



日本のファンにどんな曲を歌ってほしいのかアンケートをとると、綾香の「三日月」が多かったらしい。
というわけで、日本版限定で「三日月」が収録されています。



シャリース(初回限定スペシャル・プライス盤)シャリース(初回限定スペシャル・プライス盤)
(2010/07/07)
シャリースアイヤズ

商品詳細を見る

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

『GOLD』1話

2010/07/10 Sat 

『GOLD』1話

おもしろい。
テンポがよく、アッというまの1時間でした。

キレる女天海祐希と天然ボケの長澤まさみ
そして、な、な、なんと天海さんの夫と知って驚愕した寺島進
いや、今回ここが一番ビックリでした。

そこにからんでくる、久しぶりのエドはるみ
鼻水たらして熱演されていましたが、まだご健在だったのね。

脚本家はかの野島伸司。
途中まで非常に面白かった「薔薇のない花屋」同様期待してますので、ラストまでひっぱっていってください。

ビューチャイ、プアチャイは流行らそうとしているのかな。

そういえば〝アラフォー〟という言葉は当初とても違和感があったけれど、今は普通ですからね。

A 「あ~ら、お宅のお子様、ビューチャイでいらっしゃるから、うらやましいわん」

B 「いえいえ、うちの子なんてプアチャイの見本みたいなものざあますのよ」

C 「あの……チャイチャイてなんのことでござあますの? 」

D 「イラッチャイざあます」

E 「ゴメンチャイどす」
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
奥様A ねえねえ、今朝の「ドキッ」ごらんになった~?

奥様B 「ドキッ」って、あの「ドキッ」?

奥様A  それそれ、そのドキッですけれど、お顔がきれいになったというか、普通におなりになったというか……気のせいかしら。

奥様B  そうなのよねえ。たしかあのころのお顔といえば鼻にインパクトがあったような。

奥様A  ですよねえ。久しぶりに見たら、普通のきれいなお顔になってらっしゃるから個性がなくなったみたいでしたわ。今日の衣装もめちゃくちゃ地味でしたもの。

奥様B  わかりますわあ。やっぱりあの手のアーティストはなんといっても個性が一番ですものね。たしか彼女は今井さんともめにもめた過去がありましたよねえ。

奥様A  ええ、すっごいバトルがあったとかなかったとか。

手をつなごう手をつなごう
(2010/06/23)
山下久美子

商品詳細を見る


奥様B  私の記憶が正しければ、安達祐実ちゃんが子どものころにいっしょにドラマに出てなかったかしら。

奥様A  んま !! 奥様ったら、古いことをよくご存知で。

奥様B 年をとっても昔より美しくなっていらっしゃるなんて、うらやましい限りですわ。

奥様A  ええ、うらやましい限りです。

奥様B  私も「ドキッ」なんて、言われてみたい。

奥様B  ゲッ !!
整形・ヅラ | コメント(4) | トラックバック(0)
〝シルクのべっぴん塾〟出版 !

仕事が早いなあ。
一ヶ月前のSATCのインタビューでは「本、出してないの」と聞かれて、まだだったのに……
あれから一ヶ月でもう出版されたのね。

シルクのべっぴん塾 ( ヨシモトブックス )シルクのべっぴん塾 ( ヨシモトブックス )
(2010/07/15)
シルク

商品詳細を見る


いやあ、商魂たくましいというか。

それゃそうだ。
ヨシモトブックスだもんね、吉本が放っておくわけがない。

その一ヶ月前の記事はこちら→ ロンハー☆ シルク姉さんインタビュー
美容・健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
『月の恋人~Moon Lovers~』8話(最終話)

長かった~
途中はどうでもいいので、早く結末を。

ということで、最終的には木村拓哉に「好き」と告白した篠原涼子の勝利 !!
ウェディングドレス姿でオープンカーに乗ってウトウトする篠原さん。
その横で妙な帽子をかぶって運転するキムタク。
めでたし、めでたしというところでしょうか。

今回ラストにしてやっとキムタクのキャラがわかりやすくなったというか、いつものドラマのキャラに戻ったような。
不機嫌でボソボソしゃべるミステリアスな社長は魅力的ではなかったなあ。

まあ、ストーリーはどうでもいいのですが、気になったところをふたつみっつ言わせて。

キムタクがそこまでシューメイを好きだったという印象がなかったんですよねえ。
母親に結婚したい人がいると報告しようとしたときも、唐突すぎて不自然だったし。
 
そして北川景子との関係はただの彼女の片思いだったのね。
てっきり恋人同士でつきあっていたのかと思ったわ。

つまりは、いつもそばで見つめていた人の気持ちにやっと気づいたということでしょうか。

木村さんも、もうそろそろ違う役柄をやってみては?
たとえばパパ役とか……
情けないヒモ男とか……

ファンが許さないかな。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

トリックアート

2010/07/04 Sun 

『イッテQ』でドイツのトリックアートを紹介していた。
いやあ、面白い。
目の錯覚とわかっていても、なかなかまともには見られないんですよねえ。

番組では紹介されなかったけれど……
こちらは実際の街の地面に描かれた有名なトリックアート。
トリックアート4

落ちるぞ~ !!


日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『絶対泣かないと決めた日』

スペシャル、楽しみにしておりました~

会社でニューヨークでと、イジメ満載でありました。
が、ストーリーはといえば会社の合併問題に奔走する藤木直人が中心で、たとえ秘書課に移動したとしてもあまり意味のなかった榮倉奈々

そりゃそうでしょ。
入社二年目で合併がどうのこうのって、まだそこまで会社のことはわかってないんじゃないの?
まして彼女が奮闘したところで無力ですって。

しかし、しか~し、そこはドラマです。
微力ながら、彼女の行動が株主二階堂さまの心を動かしました。

て、最初からわかってんねん !!

傘を貸す時点で、あのおばさんは「会長の奥様、あるいはトップのだれかの奥様かお母様」である。
創業者の孫ということで、ちょっと違いましたが……

佐藤江梨子のイジメ役は自然だったが、あのヘアスタイルとメイクはできる秘書には見えなかったなあ。

連ドラで観ていたときは面白かったのに、このドラマってすごくベタだったことに今さら気づいた。
「水戸黄門」みたいにお約束の展開、単純明快、なんのひねりもない、お子様向きだったのね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
もう笑いすぎてお腹が痛い。

先日テレビで紹介していたサッカー実況の「空耳」。



むっちゃ風邪ひいてん !
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
ドラマ『離婚シンドローム』で、離婚間際の夫婦関係を見事に修復させた内観法

子ども時代から現在に至るまで、「自分がしてあげたこと」「してもらったこと」「迷惑をかけたこと」をノートに書き出していく。
父・母・恋人・配偶者とそれぞれひとりずつ。

自己を見つめなおすことにもつながるが、やっぱり〝感謝〟ということでしょうか。
エッ? そんな単純なことじゃない?

一週間で自己変革、「内観法」の驚異 (講談社SOPHIABOOKS)一週間で自己変革、「内観法」の驚異 (講談社SOPHIABOOKS)
(1999/05/15)
石井 光

商品詳細を見る


「集中内観」と「日常内観」があり、一週間日常と離れた環境で行うものと、日常の中で行う二種類があるという。
お悩みの方、やってみる価値ありそうですよ。

で、ドラマはどうだったって?

中谷美紀のボブヘアーと石坂浩二の限りなく怪しいヘアーにくぎづけでした。はい。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |