ちっちゃいオッサン、いた~!!





2才でタバコぷかぷかのオッサンもどき。
インドネシアはタバコ文化というが、プレゼントをしたお父さん、あんたは間違ってますよ~。
「健康に見えるから大丈夫」って…

いやほんと、まるまる太っていて健康そうですがね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

安○○帯の玉○も

2010/05/30 Sun 

マダムA  ねえ、ちょっと奥様~ 最近の玉○○二ってどう思います?あの異様に高いテンションと、頭に巻きつけたなが~いターバン。あれって、もしかしてあれじゃあございませんこと?

マダムB  んま、奥様、お目がお早いことで。きっとあれはあれですわよ、奥様。

マダムA  ですよね~ ターバンがなければ、これまた異様に多いフッサフサの頭じゃございませんこと?それをターバンで被うということはですね、奥様、面倒くさいからですわよ。

マダムB  そうそう、面倒くさいんですわよ、装着するのが。で、手っ取り早くハゲを隠すと。

マダムA  ほらターバンといえば世○様、そしてI○SA様がいらっしゃいましたわ。まあ、スカーフと帽子といえばいいのでしょうか。

マダムB  若かりしころはミステリアスな歌と雰囲気が女性心をとらえた玉○さまですが、今は「安○地帯」というよりも…

マダムA  はい、「安○地帯」というよりも…

マダムB  「不毛地帯」でございますわぁ。
整形・ヅラ | コメント(0) | トラックバック(0)
『素直になれなくて』7話

お~っと!
なんの伏線もなく、突然ピーチと瑛太の絡みとは。
ピーチは玉鉄に興味があったんじゃなかったの?
まあ、あの手の女は男だったら手っ取り早いところでものにしてしまうタイプなのでしょうか。
その気になって、フワフワ髪をさわる瑛太もたいがいですけどね。
で、「酔っていたから」という言い訳?

それにしても片想いの玉鉄のせつないことったら。
瑛太をみつめる目が、目が~!!

上野樹里の仕事に対するドクターとナカジの違い。
基本的に女性観、ひいては人生観の違うふたりなのね。
で、樹里ちゃんにしたら、ドクターよりナカジのほうがずっとしっくりくる。

そういうところを今回は強調したかったのか。
でもあのドクターの首にかけたナフキンはいくらなんでも…ナイナイ。

井川遥のうなじのタトゥも、今になって消したようだけれど、それまで彼女の夫はどう思っていたのだろう。
「うちの妻は極道出」みたいな…
堅気の奥様のタトゥは逆にセクシーとかなんとか言っちゃって喜んでいたとか?

今さらですが、樹里ちゃんは「ラスト・フレンズ」のときのほうがずっと魅力的だったなあ。

前回はこちら→『素直になれなくて』6話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』6話

いやはや、途中まではもう限界かなと観ていましたが、後半盛り上がってまいりました~

黒木瞳の夫の気持ち悪いしつこさ。
ああなってしまったら、もう嫌悪感あるのみですね。

そして斉藤由貴と子どもの関係。
不覚にもウルウルしてしまったわ。

で、前半「もうリタイアだな」と思いながら妙にひっかかったのが、高橋克典のおでこ。
真ん中がボールが当たったみたいにへこんでいるのね。
ということは、東幹久の逆バージョン?

横からみると異様に盛り上がった彼の眉骨は、ゴリラの骨格に似ているような気がします。
それでもあれだけの男前だということは、ゴリラ顔の大成功の部類でしょう。
いやはや褒めているのかけなしているのか、ファンの方、すみません。

またまたどうでもいいことなのですが、黒木さんのセリフを言うときの息の使い方「スーハースーハー」はまだまだ健在なのでした~

そして何度も言うようですが、もう中年の愛とか恋とかいりませんし!!

前回はこちら→『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』5話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

『Mother』7話

2010/05/27 Thu 

『Mother』7話

あらまあ、これはもう犯罪の匂いがプンプン。

あのおっとりとしたもの静かな田中裕子が実は犯罪を犯していて刑務所に入っていたなんて…しかも15年ということは殺人?
で、その相手は松雪さんの父親?
おまけに怪しげな人のところに行って、戸籍の売買を頼み、それを松雪泰子に勧めるなんて…

いやあ、「奇をてらうにもほどがある」というより、ますます面白くなってきたじゃあ~りませんか。

そこまでする必要があるのかなあ。
まあドラマなので普通のよめる展開では面白くないわけで、その点においては充分成功していますね。
と、えらそうに言ってみる。

ところどころの笑いネタ(ex貝殻を食べようとする松雪さんにツッコミ)はしらけますが…

日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック
(2010/05/26)
TVサントラREMEDIOS

商品詳細を見る


実の母親の心理はどうなのか。
つぐみを愛しているのか、それとも自分の犯罪がバレるのを恐れているのか。

そしてつぐみも母親のことをどう思っているのか。
窓やドアのカギをかけて回っていたところを見ると、完全に母親を恐れているようだが、実際面と向かうと「ママ~!」となってしまいそう。

ますます目が離せません。

前回はこちら→『Mother』6話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

とくダネ☆おもしろCM

2010/05/26 Wed 

「とくダネ」で紹介していたオランダの保険会社おもしろCM



途中でカメラチェンジをしたので、この後どうなったとスタジオではもめにもめました。
もう一度映像を流したが、やっぱりここで終了。

で、どうなったのよ~!

ハリ付きで飛び降りた?

熱いか痛いか、さあどっち?
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『月の恋人~Moon Lovers~』3話

う~ん、月9らしいといえばそうなんだけれど。
ストーリーが王道すぎて目新しさがない。

今回篠原涼子によって語られた木村拓哉の過去。
なになに?両親が離婚していて、男にだらしない母親と日本国内を転々とし、元の小学校に戻ってきたら誰ひとり蓮介の名前を覚えていなかった。
目立たなかった男がこの世に名前を残したいと思い起業した。

LOVE RAIN~恋の雨~LOVE RAIN~恋の雨~
(2010/06/16)
久保田利伸

商品詳細を見る


う~ん、これが今回あのヒールな木村さんの原点なのですか。

う~ん、う~ん、う~ん…

うなってばかりいないで感想は?

すいません、出てきません。
ただミステリアスな松田翔太が、ただの"篠原好き"だったという展開にズッコケました。

ということで、今回は「感想なしよ」、ていうかリタイアするかも……

前回はこちら→『月の恋人~Moon Lovers~』2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
御所東にあるフレンチレストラン「epice エピス」でランチをしました。

京都では町家を改装したお店が本当に増えています。

100521_1330~01

店内に入るのに一段上がっているので、一瞬靴をぬぎそうになります。
中は意外に広く、カウンターの奥にテーブル席が三つ、その奥に小さな庭が続き、さらに奥が"離れ"というように、昔ながらの京都独特の雰囲気があります。

100521_1304~02

今回はテーブル席をリクエストしておきました。
空いていたので、BGMの古いシャンソンを聴きながらゆっくりと食事ができました。
(シャンソンはキライなのでジャズにしてほしかったわ)

100521_1304~01


オードブル     スープ    メイン

100521_1234~01100521_1247~01100521_1253~01


本日はランチ2200円(税別)のランチコースをいただきました。

○ オードブル4品
○ そらまめのスープ
○ 豚肉のステーキ
○ コーヒー パン
プラス300円でデザートがつきます。

野菜の種類が多く新鮮で女性好みではないでしょうか。
オードブルもメインの肉も美味でおいしくいただきました。

サービスのタイミングよく、ひとりいらっしゃった外国の方の流暢な日本語もなかなか雰囲気があります。

車は店のすぐそばの100円パークに停めました。
御所の道沿いに多くの車が駐車してあったので、思わず駐車しようかと思いましたが、やめておいてよかった~
100円パークに停めて歩いていたら、な、な、なんと!
駐車監視員がふたり……ひぇ~!!
アブナイ、アブナイ。

京都市上京区寺町通り今出川下る真如堂前町105
Tel/Fax. 075-222-2220

ランチ
11:30~14:30…オーダーストップ
ディナー
17:30~21:00…オーダーストップ(閉店22:00)

くわしくはこちら→epice エピス
グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)
『素直になれなくて』6話

あらまあ、若い男の子を弄んじゃって、このおぉ!
夫にバレたから別れると、突然のお別れ宣言をした井川遥
タトゥまで入れて愛し合ったというのに、すべてなかったことにしろっていうのですか?

いやほんと、突然の豹変だわ。

こんな目にあえば瑛太も女性不信に陥るところなのに、けなげ?にも上野樹里を部屋まで連れてきて相談にのってやる。

いや別にいいんですげとね、樹里ちゃん、「付き合う」と言ったからには動物園へはドクターと行くべきでしょ。

だからあ、好きでもないのに、相手の猛アタックにズルズルと乗ってしまってはいけないということね。
ドクターのことはlikeであってloveではないと、自分でも気づいているはずなのに。

で、先週あれほど抱き合って涙を流していた風吹ジュン吉川晃司はどうなった?
そして、毎週登場していたサカリのついたオバハン。
いなけりゃ、いないで……

さみしい~っ!!

前回はこちら→『素直になれなくて』5話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』5話

笑ったわあ。
黒木瞳のお目目まんまるの驚きの表情。
電車に飛び込みそうになる夫を追いかけている時の必死顔と、警察署で高橋克典とご対面した時のびっくり顔。
思わず吹き出してしまいました。

さあ、いよいよこれから不倫の始まり~
お互いの家庭が壊れていく状態を描くのでしょうか。

いやはやあの夫ではさすがに同情します。
収入ゼロなのに仕事を探す意欲もなく、だらしない格好で一日パソコンをいじってる。
それでなくとも普通あの年で夫に"ときめき"なんて…
トキメクわけがない!!

で、高橋の妻役須藤理彩には全く罪がないわけで、夫の心をつなぎとめることができないのは気の毒と言えば気の毒なんだけれど…
う~ん、須藤さんは元気キャラが似合っていて、このように嫉妬に狂う妻としてはちょっと不向きなのでは?
もう少し色気があり、ジト~ッ、ネッチョ~ッとした女優さんのほうが高橋さんに合う気がするのですが…

まあどちらにしても、このドラマのキャストはオッサンオバサンばかりで気持ちが悪い。

いや、私が言うのもなんですが……

前回はこちら→『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』4話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

『Mother』6話

2010/05/20 Thu 

『Mother』6話

ううう…涙なしでは観られません。

高畑淳子の突然の変わり様。
あれだけ「私の娘」と強調していたにもかかわらず、養子縁組を解消するなんて。
たとえ家族でなくなったとしても、この事件が世間に明るみにでれば無関係とはならないと思うけれど。

松雪泰子がつぐみに給食袋を渡していたので、「今は自動引き落としでしょ」と突っ込んでいたら、そのお金が必要だったのね。
せめてランドセルの中に入れて~
なんて、どうでもいいことを思っていました。

そしてまたまた松雪さんがやってくれました。
漢字ノートの文字で「帰り道の目印」を書いていたことに気づくとは…もういつもいつも

勘、よすぎ!

まあ、あっちの母さんこっちの母さんとエピソードが満載で感情移入に忙しいが、展開がよめなくて面白い。

つぐみの実母が制服姿でフラフラと歩いていたけれど、あのポケットに入れた手が気になったわあ。
まさかナイフなんて入ってないでしょうね。

「あなたを守ります」
田中裕子のこれぞ母の言葉ね。

来週はいよいよ田中が松雪を捨てた理由が判明するらしい。
待ちきれない!!

前回はこちら→『Mother』5話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
「ロンハー」でやっていたシルク姉さんの外国人軟派術。

見事な英語に感動!

たぶんすぐ消されると思いますが、アップしました~



シルクによるとニューヨークでナンパするならウォール街がいいらしい。
「でもみな仕事中じゃないの?」という質問に「三時が休憩タイム。その時間帯に角のスターバックスあたりがグッド」だとか。

観光客ではなく地元人のふりをして英字新聞などを読んでいるといい。
とにかく、キッカケが大事なので、こちらが観光客であろうと後はどうにでもなる、と。

ハハア~ 勉強になります。

こんなん書いてました→美!!大地真央☆シルク
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『月の恋人~Moon Lovers~』2話

う~ん。
ラストの木村拓哉リン・チーリンのキスシーンはファンにとってはたまらないのだろうが…

なが!!

毎回キムタクのラブシーンで終わるわけ?

いや、別にファンでもアンチでもないんですが、制作者側の「どうだ、ほれほれ、みんしゃい」とほくそ笑んでいる様子が見えるんですよねえ。

で、ストーリーはといえば、特に目新しいことはなく、どっちかといえば古い感じがする。
外国人に女を差し出すなんて…
なんか見ていて恥ずかしいというか、なんというか。

リンを連れて、あちこち服を買いに回るシーンも、やっぱり恥ずかしい。
役柄からすると彼が若すぎるからかな。

正統派二枚目の彼に、今回は悪の部分を出しているようだが、目が優し過ぎて似合わないわあ。

リンはスタイルがよくカタコトの日本語がかわいらしい魅力的な女優さんだが、キムタクの相手としてはバランスが悪すぎる。
ビジュアル的に問題あり!
別に外国人でなくてもよかったんじゃないの?

前回はこちら→『月の恋人~Moon Lovers~』1話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
レディー・ガガの「パパラッチ」をピアノで弾き語りした12歳の少年グレイソン・チャンス・マイケル君

グレイソン君本人がYouTubeに投稿したビデオが大ヒットとなっている。



まだピアノを始めて3年。
才能があるのでしょうね。
ついでに度胸もね。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
スーザン・ボイルやポール・ポッツをデビューさせたイギリスの人気オーディション番組に新たなスターが誕生!

今度は80才のおばあちゃん。
耳が遠くて、審査員の質問もなかなか聞き取れません。
が、彼女が歌いだすと会場はわれんばかりの歓声と拍手。

タイトルもそのものズバリ!彼女の生涯をあらわしているような内容。
エデット・ピアフ「♪No Regrets 水に流して(後悔はしない)」



♪ いいえ、ぜんぜん
  いいえ、私は何も後悔してない
  私に人がしたよいことも
  悪いことも
  何もかも、私にとってはどうでもいい
  いいえ、ぜんぜん
  いいえ、私は何も後悔していない
  私は代償を払った、清算した、忘れた
  過去なんてどうでもいい

  私のいろいろな過去を束にして
  火をつけて焼いてしまった
  私の苦しみも、喜びも
  今となっては必要ない
  私は過去の恋を清算した
  トレモロで歌う恋を清算した
  永遠に清算してしまった
  私はゼロから出発する

  私の人生も、私の喜びも
  今は、あなたといっしょに始まる♪

台湾のオーディション番組でも、太った男性が同じように注目を浴びているが、これって結局どれだけ見た目とギャップがあるかにかかっているのでは、と思いますが。

ホイットニー・ヒューストンを歌う台湾の男・林育羣 (リン・ユーチュン)
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
『素直になれなくて』5話

またまた来た~渡辺えりの「カモ~ン♪」
バ○○○○まで飲んで面接するのは、あれもこれも玉鉄瑛太への恋心からなのね。

瑛太の忘れた上着を手に……匂いかがないの~?
てっきり上着に顔をうずめて深呼吸するのかと思ったわ。
はあ~ 健気だわ。

で、あの危険迫った状態で、上野樹里は「キャ~」とも「タスケテ~」とも言わず、速攻ツイッターで「タス」ですか。
そんな文字を打ってる時間はあったかなあ。
「タス」だけで「タスケテ」と想像するなんて、勘がいい。
「タスポ、買いました」なんちゃって。

とにかく110番せよ。
そしてピーチは119番して救急車を呼ぶべし。
タクシーの運転手が「シートが…」と泣いてるよ。

ま、こういう展開になると、ドクターの献身的な行為にほだされてハルもその気になるってことね。

あれもこれも大変なときに、これまた井川遥の夫が妻の浮気相手をつきとめる。
そして風吹ジュン吉川晃司も生きるか死ぬかの運命の分かれ道。

あっちもこっちも

大変だ~!

前回はこちら→『素直になれなくて』4話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
短編小説『だから、あなたを赦します。』はっぴょう。

カラス

もうすぐ私はあの人のいるところへ行ける。ザマアミロ…


本日二度目の投稿です。

たった3ページですので、2,3分で読めると思います。
女の執念を書いてみました。

読んでいただければうれしいです。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』4話

なんだろう、イマイチのめり込めないのは…
昼ドラをグレードアップした感じ?

今回ラストで、ようやく堰を切ったように抱き合う黒木瞳高橋克典
ああ、ここまでが長かった~

それにしても高橋さんの斜にかまえたニヒルな笑顔。
世の奥様方は「シビレル~!(古!)」なんて言ってるのかしら。

三上博史の熱演だけが場違いなように光っている。
かつて夢中になり、最後にコケたドラマ「共犯者」を彷彿とさせる。

前回も言ったけれど、面白いのか面白くないのか。
次回が待ち遠しくないということは、面白くないということなのかなあ…

いや、それぞれ面白いエピソードが繰り込まれているんだけれど、どうしてなのかピンとこないんですよね。
もうオバサンたちの不倫ものは新鮮味がないのでは?
と言っても、なぜか黒木さんの「恋を何年休んでますか」は好きだっんですけどね。

前回はこちら→『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』3話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

『Mother』5話

2010/05/13 Thu 

『Mother』5話

盛り上がってまいりました~

どのシーンもていねいに作られていて、かたときも見放せない状態ですね。

いやあ、さすが高畑淳子は上手い!
こちらまでウルウルしてしまったわ。

名言も多くて…忘れた…なんだったかなあ…
「子どもも親も選んだり選ばれたりするのではなく、出会った」みたいな。

日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック
(2010/05/26)
TVサントラREMEDIOS

商品詳細を見る


話の流れが一気に盛り上がったところで、来週はつぐみ母のところに警察が来るのか。

虐待をしていても、あの母親は娘を愛していたのか。
そして娘も本当の母を必要としているのか。

ここらへんがキーポイントかな。

とても知りたいのは田中裕子が娘松雪泰子を捨てた理由。
ラストは松雪さんに「お母さん!」とか言われて病気で亡くなってしまうのかしらね。

あっちのお母さん、こっちのお母さん、いやもうドラマの中はMotherだらけですわ。

前回はこちら→『Mother』4話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『月の恋人~Moon Lovers~』1話

遅くなりましたが、やっと録画していたものを観ましたので、ここらでイッパツ感想をかまします。
アラ、お下品。

やっぱり「月9」腐っても「月9」
どういう意味やねん。

とりたてて目新しいものはないかな。
ずっと昔から木村拓哉のことを気にかけている篠原涼子
"両想い"のようだが、実は一方だけが夢中であるかのような現在の恋人北川景子
そして新たな恋の始まりになるのかリン・チーリン
3人の女性と1人のイケメン男性とのグチャグチャが爽やかに描かれる?

ラブストーリーの定番をまっしぐらという感じです。

まだ一話なので、あーだこーだと言えないけれど…

LOVE RAIN~恋の雨~LOVE RAIN~恋の雨~
(2010/06/16)
久保田利伸

商品詳細を見る


唯一、おじさん化した木村さんだけが気になりました。
ずっとキレイな男だと思っていたけれど、松田翔太と並ぶと、やはり年齢差が歴然。
シャープなアゴのラインはいずこ~?

そして長身のリンと並ぶのはやめたげて~!

それでも…

オレはお前がほしい!

キムタクがギュッと抱きしめるその腕の中の女性を、自分に置き換えた女性は全国で何人いたのでしょうか。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
これはすごい。
たまたまカーラジオから流れる「プライド」を聴いて、一瞬にしてアッチの世界へ~♪

今井美樹の歌声はソフトで癒される響きがあるが、このエリック・マーティンのせつせつと歌い上げる声は情熱的で迫力があってセクシーで…
いいわあ。

まるで別の曲みたいです。

エリック・マーティン「♪PRIDE」


商品詳細をクリックすると試聴できます。
        ↓
MR.VOCALISTMR.VOCALIST
(2008/11/26)
エリック・マーティン

商品詳細を見る


1. PRIDE
2. ハナミズキ
3. あなたのキスを数えましょう ~You were mine~
4. Everything
5. Precious
6. Time Goes By
7. M
8. I Believe
9. 雪の華
10. The Voice ~“Jupiter” English Version~
11. LOVE LOVE LOVE -ENGLISH VERSION-

エリック・マーテイン「♪雪の華」


タイトルからして、カバー王徳永英明のエリックバージョンね。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

小説『HOTEL恍惚』

2010/05/09 Sun 

小説『HOTEL恍惚』できました。

平成の色男なんかに負けていられるか。
私は稀代のプレイボーイ。
女たちよ、私に惚れちゃあいけないよ。


ホテルを常宿としている自称モテ男の話です。

"恍惚"の意味がお分かりの方はかなり大人?かもしれません。
その昔、流行りましたね。

読む前からバレてしまってるかも…
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『素直になれなくて』4話

ウワッ!
まだあきらめてなかったのね、渡辺えり
面接とかなんとか言ってたっけ?
で、新たに狙われた瑛太の代わりに自分を差し出す(キモ)玉鉄
もうかんべんして~

ただのラブストーリーかと思いきや、どうでもいいピーチの妊娠、ドクターのパンフレット作り。
で、そのパンフレットを勝手に使われたというのに、それで終わり?
だめでしょ、いくらなんでも~
イライラ

そして、弟のクスリ疑惑と、突如苦しみだす吉川晃司
あれこれ満載です。

Hard to say I love you~言い出せなくて~(初回盤)Hard to say I love you~言い出せなくて~(初回盤)
(2010/06/02)
WEAVER

商品詳細を見る


玉鉄は友達のために仕事を貰った見返りとして、父親からお見合いをせまられ、井川遥も育ての親のために好きでもない人と結婚をしたと…いったい

いつの時代のことですか~!

で、ドクターのセリフが聞き取りにくくて、何を言っているのかわからないんですよねえ。
それに引き替え、瑛太のハキハキしていること。

なんかこのドラマも面白いのか面白くないのか…

わからん!

前回はこちら→『素直になれなくて』3話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』3話

う~ん、面白いのか面白くないのか、わからなくなってきた。
なんでだろ?

感想を書こうと思っても何も浮かんでこない。

ただ黒木瞳高橋克典に言ったセリフだけが印象的。
「今日の思い出だけで3年は生きられる」

うまい!
と、思わず叫びそうに…

いや、似たようなセリフを予感していたけれど、3年というところに現実味があるんですよねえ。

どんな予感って?

「私、これだけで死ぬまで生きられる」(当たり前!)

で、再びこのドラマ、面白いような、つまらないような…

なんだろう…キャストが悪い?
45才を前面に出しすぎていて、嫌な感じ?
それも一組の恋愛ならまだ美しいが、そろいも揃って全員というところが気持ち悪い?

大人の恋は一組だけで充分です。

前回はこちら→『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

『Mother』4話

2010/05/06 Thu 

『Mother』4話

うわあ、もうあっちもこっちも大変だ。
山本耕史は味方になってくれるのかと思っていたら、とんでもない奴だったのね。
1000万円かあ…そりゃあ、言えないわ。

1話の中にいろんなエピソードが詰め込まれていて、結構充実したドラマになっている。
そのエピソードすべてが、このドラマのテーマである"母性"につながっているのね。

さすがに?だったのは、深夜の瓶詰め。
鏡の前でいったい…なに、なに、なに~!?

ひぇ~!!自分で自分の目をなぐった?(唐辛子を塗ったのかと…)

で、その青あざで、あれだけ拒否されていた小学校受け入れの許可がおりたのね。

そして飛行機の折り紙で「自分の母親では」と気づく松雪泰子
散りばめられたパズルが上手くはまる瞬間。
いやいや、前回の実母田中裕子と同じで、彼女の勘も又するどい!

画面が美しくて映画のよう。エッ?前にも書いてた?
緑の多い庭が見える高畑家のリビングがステキ!あこがれます。

前回はこちら→『Mother』3話
テレビ | コメント(1) | トラックバック(0)
『八日目の蝉』6話 最終回

号泣できるかと期待したけれど、それほど感動しなかった自分っていったい…

北乃きいが小豆島で檀れいに会い、お互いが抱き合い号泣するのを期待していたけれど、それはヤボというものでしょうか。

そしてあのときのセリフが「朝ご飯食べてないの」か…
う~ん、かなりインパクトがあるというか、これもちょっと…期待しすぎたかな。
でもそれを知って、きいちゃんが「お母さん」と嗚咽するところはジンときた。

実母板谷由夏の苦しみは理解できるが、誘拐犯の檀れいには共感できないという声が多いよう。
でも作者は共感を得るために書いているんじゃないんですよね。
原作者の角田光代さんがこんなことをスタジオパークでおっしゃっていた。

「小説は善悪を問うものではない」

なるほど~

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


檀れいのような女性は世の奥様方の敵でしょうが、諸悪の根源はダンナですからね。
まあ1話では、妻のほうも愛人に向かって「がらんどう」などと言いたいことを言っちゃってますが。

いやはや妻も愛人も怖いんですって!

美人というものは、囚人でもスーパーの店員でも掃除夫でも、どんな格好をしてもそのシルエットは美しい。
ひょっとして美人の檀れいはミスキャストだったのかも。

前回はこちら→『八日目の蝉』5話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
松田聖子 サントリーBOSSシルキーブラックのCM

「瞳はダイアモンド」の曲がステキです。

ファンタジーなシーンは夢の国のよう。
船に乗った楽団員たちも個性豊かなメンバーで面白い。



オカッパ頭はアンガールズの山根。分からなかったわ。
そして一番いい役どころが板尾。なぜか男前に見えた。

で、あるサイトで出演者のひとりに永瀬正敏と名前があった。

ええ?どこどこ?と探すと、どうもアコーディオンの人らしい。
うわあ、年とったなあ。おじいちゃんになってしもたわ~

と思っていたら、とんだ間違いだとわかりました。
ナレーションが永瀬さんだったのね。失礼。

それにしても聖子ちゃん、アカペラもステキ、上手いわあ。

元恋人の郷ひろみも軽井沢でアコースティックなコンサートを開いたことだし。
これはこれでとてもステキ。
行けるものなら行きたかったわ。

「よろしく哀愁」アコースティックヴァージョン


おふたりとも歌唱力があって上手い。

好みは別にして、いつも聴いていて「上手い!」と思うのは氷川きよしです。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
ホラー小説『熟れたトマト』はっぴょう!

とま

マンションのとなりに住むおかしな女。
幸いすぐに引っ越してしまってホッとしたけれど、彼女が置いていったプレゼントのために…


ホラーのつもりです。
もっともっと怖くしたい。もっともっと…
もっともっともっと

キャ~!!

臭いと匂いを伝えたい。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ビージー・アデールの華麗で繊細なピアノは女性ファンが多いそう。

73才、ジャズピアニストのビージーが、今回ジャズの定番である曲を集めたマイ・ピアノ・ロマンスをリリースしました。

日本盤だけに収録されている「いい日旅立ち」が面白い。
小倉さん、オススメです。

商品詳細をクリックると試聴できます。
   ↓

マイ・ピアノ・ロマンスマイ・ピアノ・ロマンス
(2010/04/14)
ビージー・アデール

商品詳細を見る


1. ラヴ・ミー・テンダー
2. ラヴ
3. スマイル
4. イン・マイ・ライフ
5. ナイト・アンド・デイ
6. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
7. アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
8. この胸のときめきを
9. アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
10. 煙が目にしみる
11. アンフォゲッタブル
12. A列車で行こう
13. イエスタデイ
14. 好きにならずにいられない
15. いい日旅立ち <日本盤ボーナス・トラック>


年を重ねたピアニストは、ともすると「あれ?」な演奏が多いのですが、この人はまだまだ活躍しそう♪

動画はこちら→ビージー・アデール「Fly Me To The Moon」
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |