今年も残すところあと○○時間。
かんちがいな管理人のかんちがいな記事に訪れてくださった、多くの訪問者の方々に感謝の意をこめて・・・・
独断と偏見と基準ナシの

かんちがいアカデミー賞を発表!!!

<かんちがい主演男優賞>
ウェントワース・ミラー
デブと言われようが、ブタと言われようが、さすがイケメンはどんなシチュエーションでも絵になる。
今年の「プリズン・ブレイク」の記事でも、画像を貼るだけで記事のグレードがアップしたのではないかとかんちがいするほどの神々しいお姿だった。

<かんちがい主演女優賞>
なんといっても最多数登場した高樹沙耶
ふんどし、ブログ炎上、太田の嫌いなモデル、など、高樹さん本人には興味がない管理人なのに、いろいろなネタを提供し、このブログに多くの訪問者をお招きくださった。
こちら→ 高樹沙耶のブログ炎上

<かんちがいヅラ賞>
いかにもかぶりものまるバレの小野正利
昨年の世良正則をぬいて今年のナンバーワンに急浮上。
こちら→ 朝のヒットスタジオ♪小野正利

<かんちがい整形賞>
昨年の記事なのに、今年もまんべんなく人気のあった池波志乃
整形まるバレにもかかわらず、その堂々としたお姿でテレビに出演される根性は、さすがネジネジくんでも手に負えないとみる。

<かんちがいドラマ賞>
「薔薇のない花屋」
もうずいぶん前になるので記憶もうすくなっているが、真実が分かるまで毎回楽しみにしていたドラマ。
クライマックスで、ビデオに写った信吾君を見たときは「やっぱり~!!」と絶叫したような、しなかったような・・・
こちら→ 「薔薇のない花屋」7話 

<かんちがい作品賞>
「太田総理のきらいな元モデルは」
ふたたび高樹さんの登場。
芸能界では地味な活躍なのに、なぜか他の話題で盛り上がってしまう人なのね。
「だれだ、だれだ」で、たくさんお越しいただいたような記憶が・・・

などなど、好き放題書いてまいりましたが、来年はいったいどんなネタがころがっているのか楽しみな大晦日。

来年もよろしくお願いいたします。
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

リムジン

2008/12/30 Tue 

わぉ!!
長すぎ!!
めちゃくちゃ長い白のリムジンに遭遇。

長すぎて画面に入らないわ~ん
081230_1114~01

お墓の近くの駐車場にで~んと停まっていたリムジン。
なんで~?
だれかレンタルしたとか?
それともオーナーのお里帰りとか?

それにしても長すぎ!!
画像で見るより長い。

これかな? → エクセレント リムジンサービス
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
再放送≪砂の器≫最終回

父ちゃん!!父ちゃん!!

わ~ん
号泣 !!
中居君、お父さんに会えてよかったねぇ。

リアルタイムでは最終回の延長を知らずに、ラスト10分でビデオがプツッと切れてしまった。
そりゃもう涙涙の大号泣だったと人から聞いて、くやしい思いをしていたが・・・

砂の器 DVD-BOX砂の器 DVD-BOX
(2004/05/28)
中居正広松雪泰子

商品詳細を見る


今回再放送されたので、ラスト10分は絶対見逃すまいと、毎日、新聞のテレビ欄をチェックしていた。
そして本日最終回。

コンサート会場で「宿命」を弾く中居くんの姿と音楽に並行して、事件にいたるまでのできごとがフラッシュバックで入る。
その音楽が、これまたそれぞれのシーンにぴったりでいいのよねぇ。

YouTubeではなかったオーケストラ演奏の「♪宿命」がニコニコ動画にあったので、早速貼ってみました。。

【ニコニコ動画】ピアノ協奏曲≪宿命≫ 第1楽章 ~ドラマ「砂の器」より


余談だが、中居くんのピアノを弾く画像をのせようと思い、このドラマのHPへ行ってあることに気づいた。
主役である中居くんの画像が全くないのだ。
さすがにキャストのところにはあるかと見てみると、他の出演者のはあっても中居くんだけは名前のみ。
うわさによるとジャニーズは肖像権に厳しいのか、ネットにはのせられないらしい。
へ~ちょっとびっくり。
ちなみに「華麗なる一族」のHPを見てもキムタクの画像はなかったわ。

いやぁ、ひまじんねぇ。

「砂の器」オリジナル・サウンドトラック「砂の器」オリジナル・サウンドトラック
(2004/03/03)
TVサントラ

商品詳細を見る
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

NHK「ジュリー祭り」

2008/12/28 Sun 

チョットォ奥さまぁ、昨日の「ジュリー還暦コンサート」・・・じゃなかった、NHK「ジュリー祭り」ご覧になった?
あたしゃ、もう目がくぎ付け状態で、一部始終をのがさず見てしまいましたわぁ。

アパッチの酋長をおもわせる赤白の鳥の羽のかぶりもの。
池乃めだかのような金ぴかの衣装。
また還暦を意識してなのか赤のジャケット、赤のパンツ。
そして酋長のかぶりものを取ると、そこに現れたのは金髪!!

3万人のお客様の前でステージをかけまわり、涙して歌うジュリーにこっちもなみだが。
ジュリー!!
変わりすぎだわ~。

太って出てきたお腹をゆらしながら、飛び跳ねてるジュリーは、なんと申しましょうか、ストリップ小屋の呼び込みをしているオッチャンみたいで・・・いや見たことないんですけどね。
「TOKIO」の途中で、ネクタイをはずし頭に巻きつけた日にゃ、もういすから転げ落ちてしまったわ~。
それでも、お客様たちは手拍子をしてノリにノッテいるじゃあ~りませんか。

TOKIO


ファンフィルターがかかっているとはいえ、やっぱりほんもののファンはありがたいものですわ。
たとえ、ジュリーが入れ歯ガタガタのヨボヨボになっても、やっぱり「ジュリー!!」と叫んで憧れの目で見てくれるんでしょうねぇ。

ありがとう!! サンキュー!! ありがとうね

と1曲歌い終わるごとに叫ぶジュリーのセンスって・・・こんなだった?

どんなに容姿が変わろうとも、歌声は昔のまま。
キーも若かりしころと同じだったことがせめてもの救いだったわぁ。
あまりの変貌におどろいた天地真理とは、ここが違うところね。

では超美形のころのジュリーをご覧ください。

沢田研二 -  時の過ぎゆくままに   (1975)


その昔、東京赤坂プリンスのパーティで見たジュリーは、まぶしいほどのオーラにつつまれておりました。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『プリズン・ブレイク4』10,11話

いよいよおもしろくなってきたかも~
とても病気とはおもえないデブマイケルが、とうとう倒れてしまったわ。

先日来日したときは、服のせいかあまり太ってみえなかったけれど、ドラマ中のブルーのシャツはいけませんなぁ。
肩の盛り上がりがすごい。

0811116_20081227103258.jpg

で、今回不覚にも泣いてしまった。
なぜって、あちらのドラマでは死んだと思っていた人がよみがえるのは当たり前で、「ひょっとしたら」なんて期待していたのに、まざまざと遺体を見せられたから・・・・

昔は憎らしい敵だったのに、いまは仲間として助け合ってきている彼に「かわいい」と、愛着さえ感じていた。
どんどん仲間が減ってきているが、だとすると、スクレやT-Bagもそんな運命をたどるのだろうか。

0811115_20081227103311.jpg

11話はまるで「ミッション・インポッシブル」。
トム・クルーズが天井から糸でつりさげられて盗みに入るシーンのように、ハラハラドキドキの冷や汗ものだ。

prisonbreak_quietriot-sc44_0070-333x500.jpg

こういう単純なシーンだと楽しめるのだが、人間関係が複雑なので、個人的にはたぶんストーリーの半分も理解できていないと思う。

prisonbreak_quietriot-sc44_0043-500x333.jpg

T-Bagのいるオフィスのセキュリティはいったい・・・
へんなヤツラ(マイケルやリンカーンたち)が四六時中出入りしているというのに、工事という理由でOK?
しかもすごい量の道具を持ち運びしていると思うのに・・・

ま、そこはドラマということで。

前回はこちら→ ウェントワース・ミラー☆来日記者会見
次回はこちら→ 『プリズン・ブレイク4』12,13話
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)

ラ・マンチャのヅラ

2008/12/26 Fri 

隊長!! ヅラ約1名、発見いたしました~!!

隊長 
おぉ、そうかそうか。
ここしばらく、ドラマやたら、音楽やたら、全く自分に興味のないことばかりで閉口しておった。
で、そのヅラの詳細を申せ。

部下 
ハッ!
昨日「徹子の部屋」という番組の総集編で確認いたしまいた。
年のわりにめちゃくちゃ頭髪の多いことが前々から気にはなっておりましたが、由緒ある家柄ゆえ、また娘の美的感覚を考慮すれば"ヅラ装着不可能エリア"に存在していると思っておりました。
    
が、昨日のアップで、前頭部と側頭部にヅラ装着の確認をいたしました。

隊長 
おぉ、よくやった。
もっとくわしく申せ。

部下 
ハッ!
中心にある頭頂から前にかけての分け目が、生え際2cm上で消えており、そのあたりが毛でおおいつくされております。
また、向かって右サイドのこめかみあたりの生え際が消滅しており、これまた盛り上がった毛で不自然きわまりなく固まっておりました。

隊長
よくやった。
おまえに1等級の格上げをやろう。

部下
ははぁ、ありがたきしあわせに存じます。

隊長
ではそのものの名を申せ。

部下
ハッ!
松○○四郎でございます。

余談ではありますが、超アイドルグループの草○○が、再びあぶないことになってきております。
一時、もうアウトかと心配いたしましたが、植毛のおかげで危機をまぬがれておりました。

が、ここ最近再びあの長い前髪をたらすヘアースタイルに変化し、薄毛が目だち情けないルックスになっております。

はやく、はやく、植毛してくれ~!!!

ウウゥ~、申し訳ございません!!
興奮いたしました。

隊長
かまわん、かまわん。
そこまでアイドルの心配をして、おまえは優しい心の持ち主じゃ。
くるしゅうない、ちこうよれ・・・・アレ?
整形・ヅラ | コメント(0) | トラックバック(0)
どこのテレビ番組でも放映されなかったウェントワース・ミラー来日記者会見
深夜の番組ではチラッとやっていたらしいが、同じころ来日していたキアヌ・リーブスとは明らかにあつかいが違う。

prisonbrake.jpg

せめてニコニコ動画で拝見させていただこうではありませんか。

【ニコニコ動画】【脱獄】銀行強盗犯が脱獄して来日中!【プリズン・ブレイク】


【ニコニコ動画】ウェントワース・ミラー来日会見


ジャケットのおかげか、デブ化は未確認でした。

前回はこちら→ ウェントワース・ミラー☆来日
次回はこちら→ 『プリズン・ブレイク4』10.11話
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりの劇場鑑賞『地球が静止する日』

う~ん、う~ん、う~ん
って、どないやねん!!

ただ「プリズン・ブレイク」のロバート・ネッパーが軍の大佐役で出ていたことが収穫かな。

330813view010.jpg

キアヌ・リーブスが宇宙人だという予備知識しかなかったものの、途中でっかいロボットのようなものが出てきたときは正直見るものを間違えたと思ったわ。

宇宙人を代表して地球にやってきたキアヌが、地球を救うために人類を滅ぼそうというもの。
オバマじゃないが、人類を代表して「We can change」を連発するジェニファー・コネリー

330813view002.jpg

70年以上も人間に変装して暮らしているおじいちゃんも登場。
たま出版の社長が、「宇宙人が人間に混じって普通に暮らしている」、といってよく笑いものになっているが、この映画の中ではありえるんですよねぇ。

全編通して盛り上がりに欠け、あまり印象に残るシーンのない作品だ。
ハラハラするわけでもなし、気分が悪いほど残虐なわけでもなし、父親と子どもの関係や継母との関係もいまいちジ~ンとするわけでもなし、感動があるわけでもなし・・・・

やっぱりWe can changeだけが頭の中をくるくるくるくる。

しかし、最近の映画館は空いているなぁ。
昔はレディスデイといえば、朝早くから長蛇の列で、入れなかったことも1度や2度ではない。
それがいまやガラガラ。
映画館自体はシネコンになって、きれいで気分いいのだが・・・
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
『イノセント・ラヴ』最終回

こんなに笑ったドラマは過去初めて。
まさかまさかの予想通りの展開。

セリフがいまいちなゆず北川くんだったが、なくてもおんなじだったのね。
ポケ~とした表情とダラ~とした動き。

WS000073.jpg

そんなボケ同士を部屋にふたりきりにさせて、あなたいったいどうする気?
にっこりほほ笑む聖花(内田有紀)とボケ~っとしたゆずとで今後の暮らしはいったい?
が、そんな心配は無用だ。
介護要のはずの彼が突如俊足ランナーにへんし~ん!!
記憶がよみがえったゆずは、とるものもとりあえず、いやコートはしっかり手に持って佳音のもとへ。

しかし教会の中に彼女はいない。
がっかりして外に出ると・・・キャ!! いる!!
いまさっき通ったところにいる。気づけよ!!

WS000075.jpg

成宮くんの「10年前から好きな人がいる」という告白。
どこかで似たようなセリフが、と思っていたら「ラスト・フレンズ」の上野樹里の告白と同じだったのね。

「10年前から好きな人って・・・だれだろう? そんなやついたかなあ・・・あの・・・まさか・・なわけないよなあ」
と、そんな疑念を持つ間もなかったゆずに、意識不明なことをこれ幸いに言っちゃったわ~。
「おまえが好き」なんちゃって。

あれだけ大あばれしていたお兄ちゃんは、去勢された犬のようにおとなしくなってしまった。
ライターが「事件のその後」みたいなことを書きたいと言っていたけれど、そんな迷惑なこといらないって。

おさわがせの発端の聖花はいったいだれが好きだったのか。
結婚したくなくて自殺未遂をしたのに、意識不明で看病されているうちに心変わりがしたってこと?
このままじゃぁ、聖花、引き下がれないわ。
続編「ギルティ・ラヴ」お願いしま~す

こんなに楽しいドラマが終わってしまってさみしいわぁ。

前回はこちら→ 「イノセント・ラヴ」9話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『SCANDALスキャンダル』最終回

ああぁ、最終回ってつまらんわあ。
毎回あれだけナゾを残して、次回を待ちに待った『SCANDAL』だったが、別にびっくりするほどのナゾでもなかったな。

なになに?
10万円のワイン1本がそもそもの事件の発端だと?
長谷川夫が「結婚してまもない」ということでワインを開けた。
それを見ていたフリーライターが、大蔵省接待という記事をのせるとゆすってきた。
そのフリーライターの名前を理佐子に聞こうとしたことでもめて暴力事件に。
示談金1000万円をピアニストに要求。
しかしフリーライターはしつこくゆすってくる。
てことで、金沢も理佐子をゆすることに。
そして結婚式の夜、理佐子は友達4人をありばいに、金沢の殺人を計画する。

WS000072.jpg

う~ん
暴力事件もホテルでの障害事件もたいしたことないと思っていたので、それがこのドラマの事件の核心だったとは・・・・
ま、どんなドラマも最終回はこの程度か。

WS000071.jpg

ただ、留置場で着ていたスウェットののマークが手書きなところに爆笑。
つるつるピカピカお肌の桃井かおり小日向とのやりとりにも笑わせてもらったな。
やっぱりこれはサスペンスではなくコメディだったのね。

前回はこちら→ 『SCANDAL』9話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
毎年恒例のロームイルミネーション観覧ツアー。

081220_2050~01

今年は不景気で電気代節約のためなのか、光の量が減った気がする。
奥のほうのイルミネーションのついた木は1本おきになっているし、昨年新しく輝いていたボールもなくなっているし、北側の駐車場の中の木にもついていなかった。

081220_2049~01

081220_2046~02

うう~ん、きれいだけれどさみしー!!
点灯時間は10時30分までというのも・・・
前はもっとおそくまでやっていなかったっけ。

でも昨年なかった公園の中の木にはイルミネーションがつき、屋台がしっかり繁盛していて、子どもたちがはしゃいでいた。

12月25日まで。

昨年はこちら→ ローム☆イルミネーション
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
『風のガーデン』最終話

うううぅ・・・
つらいドラマだったわぁ。
ブログにはあまり感想を書いてなかったが、実ははじめから最後まですべて観ていた。

最期のシーンなんか見るのも嫌なんだけれど、結構長い時間映っていたので、パソコンをいじくりながら集中をそらして、チラチラ観てしまうという気の弱さ。
あんな苦しそうな人を正面きって見ていられない。
といいながら、死にゆく人にしては中井貴一の首がやけに太いな、とつっこみながらですが。

WS000070.jpg

首といえば、貴一からの手紙を読む伊藤蘭の横から見たあごのラインがたるんでいるなと、年はこういうところに出るのかと、またまた余計なことを考えたりなんかしちゃって・・・

で、教会でお客様の前で歌う平原綾香が泣きながら「知っている人が亡くなったので、今日は1曲しか歌えません」・・・って

1曲~!?

チケットを買ってきたお客さんには関係ないんですけど・・・なんてまたまたつっこんでしまって。
弾き語りかと思ったら、イントロなしにバッチリピアノと合って歌い出すすごさ。

WS000069.jpg

「あちらの世界があったらなにか合図を送る」と言ってなかったっけ?
ラストにその合図があるのかと思ったけれど、ただの風でした。

アッ、な~るほど。
で、「風のガーデン」というタイトルなのか・・・・

ああ病気ものはつらい。

フジテレビ系ドラマ オリジナル・サウンドトラック 風のガーデンフジテレビ系ドラマ オリジナル・サウンドトラック 風のガーデン
(2008/11/19)
TVサントラ

商品詳細を見る


前回はこちら→ 『風のガーデン』4話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
今朝の「朝のヒットスタジオ」上田正樹「♪悲しい色やね」

うう~ん、名曲やわぁ。
正樹、あふれる気持ちをおさえきれず、がんばりました~!!

今回は"ブルースバージョン"を熱唱。
♪oh yes nonono please baby yes yes my love baby oh no
大阪弁の歌詞の中に上記の英単語を入れるんですねぇ。
yes 多すぎ!! ていうか入れすぎで恥ずかしい。
朝ヒット最長7分近い曲だった。

この曲は大阪フィルポップスコンサートでいつもアンコールで演奏される。
出だしのストリングスがしびれるのよねぇ。

上田さんはニューズウィークで「世界が尊敬する100人の日本人」の中のひとりに入っているという。
ええ!? そんなグローバルな人だったの?
知らなかったわぁ。

OSAKAOSAKA
(2007/07/25)
上田正樹

商品詳細を見る


小倉さん大感激。
「いい、いい」というわりには、あまり上田さんのことを好きではなかったと白状する小倉さん。
こらこら、失礼ですよ。

大阪ベイブルース(悲しい色やね)-上田正樹


酔っ払いのオッチャンに見えました~♪
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
京都ホテルオークラ北の創作中華料理のお店「一之船入」へ。
平日にもかかわらず、多くのお客さんでにぎわっていた。

081217_1404~02

今回は1階のほりごたつ式テーブルが2つある6畳ほどの部屋。

部屋から見えるのれんの向こうは厨房
081217_1403~01

081217_1313~01
中華風サラダ
081217_1315~01
饅頭2種類
081217_1321~02
スープ


081217_1324~01
八宝菜
081217_1322~01
豚ピーマン
081217_1321~01
芝えびとブロッコリー


081217_1345~01
杏仁豆腐


メインは8種類ほどの中から一品を選びます。
京野菜をふんだんに使った上品な薄味。
デザートの杏仁豆腐は天にも上るようなおいしさです。

これらにザーサイとご飯がついて1500円。
もう、申し訳ないほど安くておいしい。
量もたっぷりあり、さすがの私もすべて食べきれなかったので、食べ残しはパックに入れてもらいお持ち帰りをしました。

前回の「一之船入」はこちらです→ 京都でランチ「創作中華 一之船入」

くわしくはこちら→ 創作中華 一之船入
1500円ランチの予約は受け付けておられません。
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
『イノセント・ラヴ』9話

オオ~!!
やっと面白くなってきたかも。

佳音(堀北真希)北川くんのシーンになるとなぜか勢いがなくなりトーンダウンするが、聖花(内田有紀)が登場するとぐいぐい引き込まれる。

WS000067.jpg

しかし今回の展開の早いこと。
聖花に失恋したゆずが、早くもこころがわり?して、もう佳音と結婚するなんて。
いくらも月日はたっていないと思うのに・・・もぉ、今時の若者ったら、立ち直りが早いというか強いというか。

内田と同じく香椎由宇も今回は大活躍。
ゆずをとじこめるわ、上着を脱いでせまるわで、ふられた女の悪あがきがせつないわぁ。

WS000068.jpg

今回、放火殺人事件の真相が明らかになってスッキリ。
兄が父親を刺して、止めに入った母親は誤って刺されたということね。
それにしても、想像と違って本当の父娘と兄妹のようだ。
異常愛っていうか気持ち悪すぎ。

WS000066.jpg

で、ラスト、披露宴会場のバルコニーから飛び降りた聖花を助けようとして、彼女の下敷きになってしまうゆず。
聖花の本心はいったい・・・
成宮くんとゆずのどちらが好きなのか・・・
アッ、これって予告だったわ。

ゆずは死ぬことはまぬがれたが植物人間となり、佳音がそれを献身的に介護する。
何年後かに目覚めたゆずは、佳音のことは忘れていて聖花を追い求める。
ショックではあるが、佳音は聖花にゆずをゆずり自分はひとり生きていく決意をする。

とエンドレスに続くのでした~

前回はこちら→ 『イノセント・ラブ』8話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『SCANDALスキャンダル』9話

期待したほどたいしたことは書いてなかった理佐子(戸田菜穂)からの手紙。
肩透かしだわ。

WS000062.jpg

そういえば、結婚式の夜、街を歩く理佐子が振り返るシーンがあった。
あのとき理佐子が見た人物は石原だったのね。
もうひとつ、貴子(鈴木京香)の受けた電話の相手が石原だったことが分かった。
うう~ん、ここまではよかった。
忘れていたパズルがはまっていく感じ。

余計なのが、もうひとつ明らかになった「久木田に送りつけた携帯電話」のこと。
これは不自然。
送り付けなくても捨てればすむことだから。
ここまで暴露する展開になると、まるでサスペンスドラマの終盤の、崖っぷちで犯人が白状するシーンみたいでわざとらしすぎ。

で、今回の見所は、あのピアニストの豹変。
貴子を好きだと言って迫ってくるわ、理佐子を愛してると言ってあばれるわの意味不明な行動。
いったい何者?
ハイ、ピアニストですがなにか?

WS000063.jpg

長谷川京子の演技も見所だ。
やっくんと会って「家に行っていい?」と頼むところ。
あまりの名演技?に、横にいた家族が(全く観ていないのだが)、「なにこれ?」とおどろいていた。

吹石一恵 が証券会社マンにせまり、結果拒否され、彼から「ほしいものがなんでわかんないんだよ!!」と怒鳴られるシーン。
たいして会ってもいなかったのに、よく彼女の深層心理が分かるものだ。
感心、感心。

WS000064.jpg

いよいよ来週は最終回。
キーポイントは長谷川の夫がにぎっているようだ。
いったい何をやらかしたの?
借金返済のために理佐子をコールガールにさせ、彼女がそれを世間にばらすと言ったとか言わないとか、凡人が想像するような結末ではありませんように。

WS000065.jpg

それにしても予告の4人の囚人服・・・
やっぱりこれってコメディだったの?

前回はこちら→ 『SCANDALスキャンダル』8話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
キャ~!!! くる~!!
だれが~!!?
あの男前が~!!


いよいよ、いよいよですよ。
あのイケメン、ちまたでは監獄王子と呼ばれているウェントワース・ミラーがついに来週来日しま~す!!

おとなりの韓国へは以前行っていたのに、なぜか来日はなかなか実現しなかったミラー。
しかしやっとスケジュールの調整がつき、「プリズン・ブレイク」シーズン4の宣伝もかねて、年末のオフを使い初来日が決定したという。
ミラーは17日に都内のホテルで会見するほか、60媒体の取材が予定されている。

08121205_p.jpg

成田にお迎えに参ります。
というのはウソ。
でも行きたい。でも行けない。
と、そんなアホなことをあれやこれやと想像しながらの1週間になりそう。

デブになったマイケルをこの目で確かめますわ。

前回はこちら 『プリズン・ブレイク4』8,9話
次回はこちら ウェントワース・ミラー☆来日記者会見
海外ドラマ | コメント(2) | トラックバック(0)

キコナシHOOP

2008/12/13 Sat 

これは便利。
今朝の「あさパラ」で紹介していた、ファッションのコーディネートのシミュレーションができるサイト"キコナシHOOP"だ。

こちら→キコナシHOOP

ネットでの買い物はもう当たり前になっいるが、こちらはそれをさらに便利にしたもの。
ヘアスタイル・服・バッグ・靴・ボウシなどすべて自分の好みでコーディネイトでき、最後には金額まで出る。

WS000061.jpg

ま、マネキンのスタイルがスタイルなので、自分のイメージとは違ってくると思うが・・・
コーディネートをイメージするのには便利かな。
子供のころよく遊んだ着せ替え人形みたいなものね。
たのし~♪
美容・健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
"とくダネ!"クリスマスアルバムCDランキング

注: 小倉さんの独断と偏見です。

リベラ 「♪祈り~あなたがいるから」
天使の歌声といわれるイギリスの少年合唱団。

祈り~あなたがいるから祈り~あなたがいるから
(2008/12/10)
リベラ

商品詳細を見る


Libera - You were there (Full Video)


いやあもう、汚れた心があらわれるような歌声だわ。
アーメン

キャサリン・ジェンキンス 「♪アヴェ・マリア~セイクリッド・アリアス」
おなじみイギリスのメゾソプラノ美人歌手。

Sacred AriasSacred Arias
(2008/11/18)
Samuel Barber、

商品詳細を見る


Katherine Jenkins - Ave Maria - Faenol Festival 2005


シェリル・クロウ 「♪ホーム・フォー・クリスマス」
♪試聴できます ホーム・フォー・クリスマス

ヨーヨーマ 
21曲目ジェイク島袋とのコラボ「ハッピークリスマス」を聞くだけで買った価値がある!! だって。

演奏はこちら→ Songs of Joy & Peace - Happy Xmas (extract)

ソング・オブ・ジョイ~喜びの歌(初回生産限定盤)(DVD付)ソング・オブ・ジョイ~喜びの歌(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/10/15)
ヨーヨー・マルネ・フレミング

商品詳細を見る


そして小倉さん超オススメなのが・・・
「R&Bクリスマス」

R&BクリスマスR&Bクリスマス
(2008/11/12)
オムニバスシーシー・ワイナンズ

商品詳細を見る


「ジングル・ベル」と「きよしこの夜」を聴いたが、個人的にはピンとこなくて・・・
でも小倉さんは10回くり返し聴いたらしく、もう大絶賛の嵐だった。
毎回、彼が点数をつけるのであるが、今回これに満点をつける気に入りようだ。
よっぽど彼の琴線にふれたのね。

この番組は情報が多いのでいつも見ているが、ときどき気になることがある。
まず他のメンバーは小倉さんの好みに「ふんふん、はいはい」とうなずき、決して反論しないこと。
また、小倉さんは人のコメントを無視して自分のしゃべりに夢中になること。
オイオイ、ちゃんと返事してあげて~!

と、いつも気にかけていますよ、佐々木アナ。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

日産NOTEのCM☆男のブラ

2008/12/11 Thu 

日産NOTEのCMで
「おまえ、なんでブラしてんだよ」
「ブラじゃない、ブラじゃないよ~」
という、アニメがある。

おすぎとピーコばりのおかましゃべりのローズとマリーで有名だが、今回のマイケル&ステファン篇はどう見てもまさかのブラ

ノートCM マイケル&ステファン篇


でもこれって今と~っても流行っているらしい。
もう衝撃!!
前に女のフンドシを高樹沙耶がつけていて、女性の間で流行っていると書いたが、今度は男のブラって・・・・

こちらです→  女性のフンドシ?


もう~気持ちわるい~!!!

楽天で11月に発売した男性ブラ「ウイッシュルーム」が、メンズインナー部門で5週連続売り上げ1位を獲得しているという。

そのうち"男の勝負ブラ"とか出てくるの?
ゲッ!!

ウイッシュルーム
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
『イノセント・ラヴ』8話

先週面白かっただけに、今週はダラダラとしんきくさくなってきた感じ。

毎回毎回花を買って部屋に飾っているような暮らし。
まともに働いているようには見えないふたりなのに、結構ゆとりのある生活をしているのね。
若いふたりが一緒に暮らしているなんて、香椎由宇じゃなくとも変に思う。
いっしょに買い物をして、いっしょに食事をして・・・

WS000058.jpg

そんなことを指摘され不自然だと気づいたふたり。
佳音(堀北真希)が部屋を探すと言い出し、ようやくまともになるのかと思いきや、なぜか"渡りに船"状態で、ずうずうしくも再びいっしょに暮らすことに。
おいおい、てきとーなふたりだな。

それにしてもこのゆとりある暮らしは、親の遺産でも入っているのかな?、と下世話なことを考えてしまう。
聖花(内田有紀)にしても一度たりとも親が登場しないことに不自然さを感じる。
こちらの親も亡くなっていたっけ?

などと、ストーリーには全く関係のないことを突っ込み出すということは、そろそろあきてきているのか?

WS000060.jpg

ラスト佳音の乗ったバスを追いかける殉也(北川悠仁) のダッシュに突っ込み。
バスより速いゆずだったが、持久力不足であえなく敗退~

前回はこちら→ 『イノセント・ラブ』7話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
『SCANDALスキャンダル』8話

うわあ、またまた来週にひっぱった~!!
思わせぶりな気になるところで終わるなんて、「24」以来だわ。

桃井かおりの言う「この内容を受け止める覚悟があるんだったら、読んでもいいわよ」って・・・・
いったい・・・

なに~!?

WS000057.jpg

さて、今回の『SCANDAL』は、4人の友情を確認し合うという、ちょっと気持ち悪い展開。
やっぱりこういう主婦の友情や恋心ネタが入らないと、ただの火サスのようになってしまうからなのか。
それでも桃井の息子の話でみんな泣き出したところなどは、こちらもちよっとウルウル。

桃井の息子は意外に小さい時に亡くなった設定なのね。
そんな昔から一歩も入っていない部屋に理佐子(戸田菜穂)を泊めたなんて・・・こわ。
ほこりまみれ~

どうでもいいが、鈴木京香もご飯をよそうとかよそわないとか言ってないで、さっさとよそって出かければいいのに。
10秒もかからないゾ。
ま、お茶わんとお箸を持って外に出てきた段階で、夫には"おかわり"にこだわりがあったようだが・・・

WS000056.jpg

やっくんや証券会社マンやピアニストに想いをよせる主婦の恋心なんてどうでもいい。
4人の夫たちと理佐子とのかかわりだけに興味がある今日このごろどすぅ。

前回はこちら→ 『SCANDALスキャンダル』7話

LOVE~winter song~(初回生産限定盤)(DVD付)LOVE~winter song~(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/12/03)
福原美穂

商品詳細を見る
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
「♪Fly me to the moon」の曲が好きなので、YouTubeでいろいろなアレンジを聴い遊んでいた。
ワルツあり~の、ボサノバあり~の、ジャズあり~の、バラードあり~ので、それはもうあらゆるリズムでアレンジされている。

以前ANAのCMで起用されたときも、感動してこのブログに書いたものだが、今でもちょくちょく思い出したように聴いて悦に入っている。
アップテンポのボサノバがおしゃれなジャズバーにぴったりで、かなり好きな部類のCMだった。

こちらです→ ANA♪CM"fly me to the moon

で、今回ジュリー・ロンドンのアレンジを聴いてみると、おやまあ、CMと同じじゃあ~りませんか。

JulieLondon.jpg

Fly me to the moon ‐julie london


ANA TV CM - Fly Me To The Moon - Geila Zilkha


CMはコピーだったのね。
今聴いても全く古さを感じさせず、ホントすてきなアレンジだこと。
ジュリー・ロンドンのハスキーボイスもステキ!!
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
20才の天才ピアニストアリス=紗良・オット
日本とドイツのハーフで、もちろん顔はチャーミング、英語・日本語・ドイツ語と語学は堪能。
そこに天才ピアニストとくるから、こわいもんなしだわ。

Alice Sara Ott Liszt Etudes d'exécution transcendante album



「徹子の部屋」でピアノを弾き終えたときの顔。
えっ? これってお芝居だったの?
と思えるような表情を作り出す。

そういえば、昔ピアニストの中村紘子さんがピアノを弾き終えたとき、ニコッと笑うのがチャーミングで、彼女のトレードマークとなっていた。
今日のアリスは、曲「ラ・カンパネラ」にあわせているのか、笑顔ではなく、せつない顔をしていた。

「ラ・カンパネラ」はこちら→ Alice Sara Ott Liszt La Campanella

絵も上手く、お菓子作りも好きな女の子。
とてもかわいいが、おっしゃることはしっかりしていてとうてい20才には見えない。

来年、井上道義指揮のオーケストラ・アンサンブルでツアーが始まる。
京都は12月12日にコンサートホールでリサイタルがある。

リスト:超絶技巧練習曲リスト:超絶技巧練習曲
(2008/11/26)
アリス=紗良・オット

商品詳細を見る
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
「FNS歌謡祭」郷ひろみ 倖田來未 のコラボ「♪言えないよ」に注目。

娘のような倖田を見つめるオッサン"郷"。
それでも倖田はうっとり~♪

郷ひろみ - 言えないよ


まだまだ現役でイケルゾ"郷"。
がんばれ !!

そして葉加瀬太郎のバイオリンをバックに歌う倖田。
葉加瀬のヘアーがワサワサゆれる。
う~ん、おっちゃんごろしだったのね・・・
いや、"オヤジキラー"ともいいます。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

楽々荘☆チンギアーレ

2008/12/03 Wed 

先日テレビで氷川きよしと名取裕子が紹介していた亀岡の楽々荘
その中にあるイタリアンレストラン「チンギアーレ」に一度訪れたいと思っていた。

(楽々荘とは * トロッコ列車として有名な旧山陰線生みの親、田中源太郎翁の生家)

駐車場の入り口が分からなくて、ぐるっと一回りするはめに・・・
せめて"P入り口"と目印をお願いしま~す。

081203_1433~02

081203_1431~01広い日本庭園

081203_1430~02

081203_1326~01レストランは意外にせまい

ランチといえば、いつものように女性でいっぱい。
この日もオードブルが出てくるまで、かなりの時間待たされた。

081203_1319~01オードブル081203_1329~01パン


081203_1336~01パスタ081203_1410~01デザート


オードブルはすべて冷たいものばかりだったので、もう少し温かくボリュームのあるものがほしいかも。
メインはパスタかリゾットかのどちらかをチョイス。
今回のパスタはベーコンとタマネギのトマトソース。
ようするにナポリタン?
こちらもせっかくなので、もっとめずらしいパスタがいただきたかったな。
かなり量が多かったが完食いたしました~

これらにコーヒーがついて2100円。

嵐山からトロッコ列車に乗り、昼食はチンギアーレ、帰りは保津川下りをするのが夏の観光の定番かな。
冬はトロッコのあと、湯の花温泉のボタン鍋で一泊。

くわしくはこちらをどうぞ→ リストランテ・チンギアーレ
グルメ | コメント(2) | トラックバック(1)

IL DIVO♪来日

2008/12/02 Tue 

IL DIVO イル・ディーヴォが「めざまし」で生歌を!!

おひさしぶり!!
イケメン4人が並ぶと、あまりのルックスのよさにメロメロ~

今朝の生歌は「アメージング・グレイス」

あれ、挙動不審なセバスチャンとデイヴィッド。
歌いだしを忘れていたのはセバスチャン?
そこをカバーしようとしたのがデイヴィッド。

イントロは1小節だけだったようなので、聴こえなかったのか、それともセバスチャンがボーッとしていたからなのか。

これだから生はおもしろい。

間奏中、今年1年の出来事の映像が流れたが、そんなものいりません!!
よけいなものを流さないで、4人のお姿をしっかり映してよね~!!

Il Divo - Amazing Grace


来年2月から世界ツアーに入り、日本のコンサートは秋ごろになる予定。
日程は未定。

朝っぱらから美声に酔いしれておりました~
ああ、今日はいい一日になりそう♪ 単純だ・・・

イル・ディーヴォ オフィシャルブログはこちら→ IL DIVO 公式オフィシャルブログ

プロミス(デラックス・バージョン)(DVD付) [CD+DVD] [Limited Edition]プロミス(デラックス・バージョン)(DVD付) [CD+DVD] [Limited Edition]
(2008/11/26)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る
音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
『イノセント・ラヴ』7話

「パンツとってきて」
パ、パンツ~!?

先週「海に投げた指輪」とロマンチックなことを予想していたら、なんと「プールにパンツ」とは。
こらこら、投げるほうも投げるほうだが、それを飛び込んで拾うあんたっていったい・・・・

WS000055.jpg

この手の男はもてません。
まだつきあいがお試し期間中というのに、そこまで「好き!!」を見せたら負けよ。
聖花(内田有紀)も、どこまで性悪女なのかと思ったが、とりあえずはこの約束を守って結婚しようとしたのね・・・って、いやならやめればいいのに。

うう~ん、このへんのそれぞれの心の葛藤が分からないなぁ。

WS000054.jpg

しかし、もてない男北川くんと思いきや、よく考えると一番もてている。
お相手は佳音(堀北真希)・香椎由宇・成宮くん。
でも彼は聖花に夢中。
聖花が喜ぶなら、自分はいさぎよく身を引きましょう。

オオ!! 見返りを求めない愛。
これぞ

イノセント・ラヴ~!!

で、今回は佳音の方は進展がなかったのね。
放火事件より、北川サイドの"聖花大あばれ事件"の方がおもしろかったわ。

前回はこちら→ 『イノセント・ラブ』6話
テレビ | コメント(4) | トラックバック(1)
『SCANDALスキャンダル』7話

以前「たまき行ったぞ~」と、2階に向かって良純が叫んでいた相手は理佐子(戸田菜穂)だったのか。
それにしてはなれなれしすぎというか、えらそう。
かなり親しい間柄としか思えないな。

WS000052.jpg

ということは、やっぱり息子の存在は・・・元々なかったということ?
息子を亡くしたショックを、あんな方法で今もひきずっているキャラには見えないけど。

理佐子の失踪の理由を、示談金のやり取りの間に親しくなり別れられなかったとか、それを結婚式まで言い出せなかったとか言っていたけれど、ちょっと無理ありすぎだなあ。
お金のこともからんでいるようだし、もっと他に理由がありそうだ。

WS000053.jpg

ダメ~!!!

2階に上がる小日向を引きとめようとする桃井かおり
今回やっと息子の部屋のドアが開くのかと期待していたのに、またまた来週に持ち越しなのね。

予告では桃井が倒れていたようだけど殺されるの?
なわけないよね。
ああ、心配・・じゃなくて楽しみ!!

前回はこちら→ 『SCANDALスキャンダル』6話
テレビ | コメント(4) | トラックバック(1)
 | HOME |