寺町仏光寺にある和食のお店「しゅん逢 紗々木」に行ってきました。
ミシュラン★のお店です。

今回は個室を希望。
二部屋のしきりを取り、四人で使わせていただきました。
半個室です。
殺風景なので、花のひとつもほしいところ。
IMG_1417.jpg

牛肉と夏野菜の先付
IMG_1418.jpg

お椀 はもとえびのしんじょう
IMG_1419.jpg

しまあじ、いか、はもの造り
IMG_1420.jpg

八寸
IMG_1422.jpg

タコのなんちゃら
IMG_1424.jpg

コーンとなんとかのほにゃらら
IMG_1425.jpg

う~ん、ええっと
IMG_1426.jpg

ローストビーフ
IMG_1428.jpg

ええっと
IMG_1429.jpg

笹の葉寿司
IMG_1430.jpg

牛肉となすのみぞれ和え
IMG_1431.jpg

さつまいもなどいろとりどりのまぜご飯
IMG_1432.jpg

デザート すいかとキウイ
IMG_1436.jpg

紅茶
IMG_1437.jpg

こちらはは5400円(税込み)のコースです。

入り口からはまだ新しいお店の香りがするのですが、ミシュラン獲得店なのですね。
他の和食店と違うところはお肉を扱っているところでしょうか。
どれも工夫がなされ、あっさりとおいしい。
食材だけでもかなりの種類になり、とても自宅で真似のできるお料理ではありません。

めまいの具合がまだ完治していないので、恥ずかしながら残したときのためにこっそりタッパーを持参。
ご飯以外は完食いたしました。

残ったご飯は、夏場のこともあり、持って帰ってすぐに食べるという約束の元、持ち帰りをさせていただきました。
久しぶりにゆっくりと食事ができ、これをきっかけに早くめまいが治ってほしいものです。
グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)
京都駅東にあるセンチュリーホテル「カサネ」でランチをしました。
ロビーに入ると、いろんなスタッフから声がかかります。
「どちらをご利用ですか?」
「お待ちあわせですか?」
「どうぞおかけになってお待ちください」

バイキングのレストランを右手に見ながら奥に進むと、隠し部屋へ続く扉が……
なんと、その扉を横にスライドするとレストランが現れました。
ロビーからはまったく見えず、そこにレストランがあることさえわかりません。

花の向こうが入り口
IMG_1358.jpg

きれいに手入れされた庭
IMG_1368.jpg

本格的なセッティッングにワクワク
IMG_1352.jpg

とうもろこしとオレンジのジュレ ほうれんそうのパンナコッタ
IMG_1354.jpg

木箱に入ったパン
IMG_1359.jpg

トマトのヴェルション
IMG_1360.jpg

カレイとツブ貝
IMG_1362.jpg

昆布〆したポークロース肉(8時間なんちゃら)と野菜のコンフィ
IMG_1363.jpg

デザート
IMG_1367.jpg

明るい店内 テーブルの間隔が広くいい雰囲気です
IMG_1364.jpg

こちらのコース、ドリンクつきで、一休からの予約なら3000円

いいっ!
お料理はどれも美しく、工夫されています。
特に日吉ポークがポークとは思えないおいしさです。
量とメニューのバランスが良く、ラストのデザートまでおいしくいただきました。

なぜこんなに空いているのかわからないのですが、きっと手前にあるバイキングに人気があるからなのでしょう。
ブッフェ嫌いな私としては、こちらのレストランのほうがいいのでは、と思うところですが、なにぶん隠し部屋。
きっと、お客さんにたくさん来られては困るのではないでしょうか。ほんまかいな。

落ち着いてゆっくりしたい方にはオススメです。

くわしくはこちらをどうぞ→センチュリー「カサネ」
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

学生レストラン 和食

2017/07/04 Tue 

taiwa京都調理師専門学校の学生レストラン、先月のイタリアンに続き、今回は「和食」をいただきに行ってきました。

IMG_1287.jpg

IMG_1274.jpg

かつおのたたき(壬生会席)
IMG_1282.jpg

鯛のお造り(朱雀会席)
IMG_1281.jpg

鮭の南蛮焼き 出し巻き(壬生会席)
IMG_1278.jpg

天ぷら(朱雀会席)
IMG_1277.jpg

鯛南蛮漬け
IMG_1280.jpg

たこの柔らか煮
IMG_1279.jpg

お吸い物
IMG_1284.jpg

ヨーグルトムース コーヒーアイス
IMG_1285.jpg

こちらのお料理、なんと800円!

一品ずつ出てくるわけではなく、デザート以外はすべてお膳に載っています。
お造りとかつおのタタキは、カウンターの向こうから学生さんによって出されました。

テーブル席は4人掛けなので、お客さんがひとりかふたりの場合はカウンター、またはテーブル席での相席になるようです。

鯛はぷりぷり、たこは柔らかく、お出汁はよく出て、とてもおいしくいただきました。
1800円くらいの価値はありそう。
ノンアルコールの飲み物があればもっとよかったかも。

ひとりでお越しの年配のご婦人、スマホで料理の写真をカシャカシャ。
学生レストランの大ファンのようにお見受けいたしました。
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
御所西、新町通りにあるブライトンホテルの中国料理「花間 カカン」に行ってきました。

オープン当初訪れたときは、吹き抜けのロビーとシースルーのエレベーターが画期的で、おっしゃれ~という印象でした。
何年ぶりでしょうか、しみじみ。
IMG_1211.jpg

二階にある花間の入り口
IMG_1210.jpg

リクエストどおり、半個室になった落ち着いた席に案内されました。
店内は適度ににぎやかでリラックスできます。
IMG_1194_20170617204316a97.jpg

5種盛り合わせ前菜
IMG_1195.jpg

ほうれん草入りふかひれスープ
IMG_1196.jpg

3種点心盛り合わせ
IMG_1197.jpg

牛肉のオイスターソース炒め
IMG_1199.jpg

海老のマヨネーズソース
IMG_1201_20170617204140f43.jpg

ホタテ貝柱の塩味炒め
IMG_1202.jpg

高菜チャーハン
IMG_1205.jpg

チャーシュー麺
IMG_1206.jpg

杏仁豆腐と中国菓子
IMG_1208.jpg

メインは6種の中からひとり2種選びます。
今回は4人で4種選びました(蒸し鶏は撮り忘れ)
ご飯は高菜チャーハンかチャーシュー麺かのどちらか。
ひとりは白飯がいいと言ったので、快く、ザーサイ付の白飯に変更してもらえました。

こちらのコース一休からの予約でドリンクつき2700円。
ドリンクはノンアルコールのシャンパンをお願いしました。
すばらしいコスパではありませんか。

どれもあっさりとした上品な味。
味よし、雰囲気よし、サービスよし、文句のつけようがありません。

スープの量が多すぎるのでは、と思いましたが、上げ底になっていてちょうどいい感じ。
小籠包の中からスープが出なかったことと、チャーシューメンがイマイチだったことをのぞくと、ほかは完璧でした。

やはりホテル内のレストランは安心感があります。
超オススメです。

くわしくはこちらをどうぞ→ 花間 カカン
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
大和京都調理師専門学校の学生レストランへ行ってきました。
フレンチに続き二度目の訪問です。
今回はイタリアン、場所はフレンチと同じ地下のレストランでした。

IMG_1139.jpg

紙で作った花の形のナフキン
IMG_1138.jpg

前菜 カポナータ
IMG_1140.jpg

スパゲッティ ラグー
IMG_1143.jpg

タリアテッレペストジェノベーゼ
IMG_1144.jpg

フォカッチャとオリーブオイル
IMG_1141.jpg

メイン 鯛のポワレ レモンオイルソース
IMG_1147.jpg

デザート バナナとクルミのタルトとティラミス
IMG_1148.jpg

レストランから厨房が見えるつくりになっています
IMG_1150.jpg

パスタとメインは3種の中から一種を選択。
こちらのコースはなんと800円。
サービスはぎこちなく、そしてそれがほほえましくもあります。
学生のみなさん一生懸命で、つい「がんばって」て親心で見てしまう雰囲気も悪くありません。

かけ声も勇ましく、活気がある厨房には、お客さんより多いのでは、と思うくらい多人数の学生さんたちがいます。
ガラス越しに見えるのも面白い。

予約は翌月分を1日から開始。
早朝から順次に埋まっていくので、うっかりしていると取れなくなってしまいます。
みなさん、よくご存知で。

ノンアルコールのスパークリングワインは一杯300円でした。
安っ!
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »