かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

『あなたには帰る家がある』第7話

あれえ? さっさと離婚してしまったではありませんか。
ということは、このタイトル、離婚したもの同士でもうまく距離をとりながら、
元夫婦として、そして娘の親として関係を続けていくということ?

それにしても情けない夫。
顔のしわがますます増えていた玉木宏
過去の映像はうまくぼかして若く見えたけど。

拒絶の仕方が弱い。
もっと怒鳴りつけんか~い! 
メアリージュンくらい怒鳴ってくれたらスッキリするのに、いつまでたってもオドオドするばかり。
情けない夫役がうまいっ!

いまどき、親の離婚でいじめが始まる?
子供がいちいちよその家の離婚話など興味ある?
いじめが始まって、再び元夫婦のきずなが深まるという展開なのかもしれませんが。

妻きどりの木村多江にもゾッとしました。

話が進むにつれて、笑っているのか泣いているのか怒っているのかわからない中谷美紀
複雑な表情が怖く感じられるのは気のせいでしょうか。

京都でランチ「京夕け 善哉 (よきかな)」

御所の南西、室町どおりに面したお店です。
ほんにと狭い間口


風情ある両側のトクサが期待を高まらせます
IMG_2502.jpg

玄関にたどり着き、戸を開けると、すでにおかみさんが正座をしてお出迎え
IMG_2503.jpg

通された部屋は一番奥の六畳ほどの個室
IMG_2505.jpg

大きなガラスの向こうには青々としたもみじが揺れています
IMG_2508.jpg

店名の「善哉」は「よきかな」と読みます
IMG_2507.jpg

先付け トマトのエキスをからめたじゅんさいとレンコン おいしいともまずいともいえない不思議な味
IMG_2509_201805192106536c1.jpg

前菜
IMG_2511.jpg

椀 はも
IMG_2512.jpg

造り
IMG_2513.jpg

炊き合わせ イモたこ南京 甘口のタコがやわらかくて美味
IMG_2514.jpg

焼き物 すずき ぷりぷりのしっかりとした身
IMG_2515.jpg

おしのぎ あわびの酢の物
IMG_2517.jpg

赤だし、ご飯、漬物、ちりめん山椒 ナスの漬物の漬かり具合がすばらしい
IMG_2520.jpg

水物 スイカのゼリー 種のかわりにパッションフルーツだとか
IMG_2521.jpg

こちらのコースは7000円、税サービス料10%がついて8260円です。
ランチにサービス料がつくお店はめずらしいのですが、ドリンクは安く、良心的な価格設定でした。

玄関には花が飾られ、通された部屋は美しく、床の間には季節の花が。
おかみさんのきめこまやかな心配りが感じられます。
メニューに華やかさはないのですが、上品で安心できるものでした。

新米なのか、まだ不慣れな若い女の子のサービスにはサービス料の価値はないかな。
けれど不快ではなく一生懸命していただきました。

カウンターと個室が3つ
4人部屋が2つと2人部屋が1つありました。
4人部屋の2つはふすまで仕切られているだけなので、内容まではわからないのですが話し声は聞こえます。

店の斜め前に100円パークがあり、大将と女将さんには車が出るまで見送っていただきました。
久しぶりに満足感のあるランチでした。

くわしくはこちらをどうぞ → 京夕け 善哉

『あなたには帰る家がある』第6話

すばらしい!
1時間があっという間でした。
めりはりのある構成、個性的な人物像、そして魅力的なセリフ、と非の打ちどころがない。

てっきり夫を許すのかと思っていら……そう来ましたか。
中谷美紀の演技が上手すぎて、ラストは画面にくぎづけでした。

ユースケ夫婦は逆のパターンで、浮気した妻のほうが離婚宣言を。
こちらもユースケの表情が秀逸。

木村多江が映画の「危険な情事」のグレン・クローズみたいではないですか。
あちらは思い込みのはげしい独身女性で、軽い気持ちで浮気をしたら怖いよ~と、当時、夫たちを震え上がらせたものです。

自分の夫に大怪我を負わせられているのに、しれっとユースケに会っている妻の気持ちがわかりませんが。

どちらも離婚宣言をしたところで「続く」だったのですが、予告を見ると、まだまだ簡単には決着しそうにない様子。
タイトルがタイトルだけに、元サヤだと思うのですが、違うの?

マダムタッソー

東京2日目
正直ものの私、「カードキーを紛失しました」と言うことにしたら気がラクになりました。

チェックアウト時、「キーは2枚でしたよね……1枚無くしてしまったような……」と申し訳なさそうに言うと
「大丈夫です」とカウンターの向こうからふたりのスタッフの声が。
胸をなでおろすとはこういうことなのね。
昨夜からのもやもやが一気にはれました~

グレードアップの部屋といい、カードキー紛失の対応といい、「メトロポリタンエドモンド」はサイコーや~~!

ということで、本日のメインイベント、お台場にある「マダムタッソー」へゴーッ!

開業当時は長蛇の列で入れなかったため、今回はアサイチで行くことにしました。
ネットであらかじめ前売り券を購入(当日券より500円安い)
なんと、館内ガラ空き状態。
小物を使ってセレブたちとの写真を撮り放題でした。

横に座って同じポーズを撮れ、と言わんばかり
IMG_2456_20180514090357ad4.jpg

IMG_2460_20180514090358b92.jpg

クオリティ高いわあ
IMG_2465_20180514090359d4c.jpg

IMG_2472_2018051409040127c.jpg

IMG_2464.jpg

マツコ、昨夜に続きここにもいるんかい!
IMG_2478_20180514090404a0e.jpg

修学旅行生がちらほら入ってくる程度で、やりたい放題、セレブとのツーショットを満喫いたしました。

その後は予約しておいたイタリアン「トラットリア マルーモ お台場 デックス東京ビーチ店」でランチ。
自分がそこまでテラス席好きだとは知りませんでした。
一昨年行った七里ガ浜のイタリアンを彷彿とさせます。

レインボーブリッジを眺めながら
IMG_2479_2018051409143543b.jpg

IMG_2483_20180514091437a32.jpg

IMG_2484_2018051409143858e.jpg

こちらのランチはピザもパスタもおいしくて正解でした。

地下鉄の乗り換えの際、エスカレーターとエレベーターを目ざとく見つけるワザを習得した旅でした。

東京へ「そっくり館キサラ」

一泊二日で、かけあし東京めぐりをしてきました。

まず「カナルカフェ」で遅いランチ。
飯田橋にあるこのお店はドラマのロケ地としても有名なところ。
なんのドラマだったか忘れたのですが、ここはいったい川なのか池なのか、えらく広い店があるのだなあ、と思っておりました。

味のある入り口に期待は高まります
階段を下りると、左はレストランサイド、右はデッキサイドに分かれています
レストランサイドのテラス席に行きたかったのですが、午後2時からはデッキサイドのみの利用でした
IMG_2391.jpg

セルフサービスのカウンターからデッキサイドを見たところ
IMG_2392.jpg

デッキは川沿いに50mほどはあるでしょうか
IMG_2399.jpg

オレンジベーグルのサーモンとクリームチーズのサンド
冷たくて硬くて超まずい
志津屋のカルネのほうがよほどおいしい
とはいっても、このすんばらしい景色を前に、まずいサンドでもおいしく感じられるとはこれいかに
IMG_2394.jpg

気持ちいい~
セーヌ川のほとりのよう(知らんけど)
IMG_2396.jpg

奥に見えるのが、レストランサイドのテラス席
お客さんは外国人ばかりでした。
この規模の店は京都にはないなあ。
IMG_2398.jpg

そして本日のメインイベント
新宿にあるものまねレストラン「キサラ」へゴーッ!

18時から19時30分まで食事タイム。
18時前にはすでにお客さんの列、そしてかの店長の客いじりが始まっていました。
100人ほど入れる狭い店内、本日は満席で、オープンと同時にビュッフェには長蛇の列が。

ぜんぜん期待していなかったバイキング形式の料理が、な、な、なんと意外によかったではないですか。
飲み放題、食べ放題。
種類も多く、次々できたてを出してくれます。
ラストにはデザートもあり
IMG_2404.jpg

客席まででてきたキンキキッズのそっくりさんNinki Kids
IMG_2405.jpg

福山とイッコーと安倍
キサラ1

きさら2

ペンライトを配っていただき、おお盛り上がり
IMG_2499.jpg

この日はよしもとの芸人さんばかりでした
きさら3

とにかく最初から店長のテンションアゲがすごくて、お客さんからドッカンドッカンと笑いが起こります。
プロ並みのトークで感心いたしました~

この後、新宿二丁目をさらりと見学。
男性のふたり連れを見ると、「ああ、そうなのね」と勝手に解釈しておりました。

宿泊は飯田橋のメトロポリタンエドモンド。
予約した部屋よりワンランクアップのイーストウィングファミリー。
広い~ありがたや~
エキストラベッドなしに軽く4人は寝られます
IMG_2400.jpg

ホテルに戻ってきたところ、2枚あったはずのカードキーが1枚しかないことに気づきました。
これって……弁償~~?!

ネットで検索すると、カードキー紛失の弁償は4000円だとか、1000円だとか、いろいろ。
4000円だったら、その分でランチ行けるや~ん、と胸はざわつきます。
「最初から1枚しかなかった」ととぼけるか、正直に話すか、といろいろな言い訳が頭の中をかけめぐり、重い気持ちで第1日目を終えました。

続きは次回。
About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。