夜に観るのは怖いので、録画して翌日観ました。

一番よかったのは「生き霊さん、誰なの」でしょうか。
大きくて男性のような影はミスリード。
横澤が関係しているのかと期待したのに、これもミスリード。
視聴者をおちょくるな。
「幽霊マンション」のように意味不明の女と比べれば、それなりの理由があったので納得いたしました。

「見たら死ぬ!呪い女」の「お墓は(の?)どこですか」のリピートは恐怖!
というか、白い服の女じゃなく白い着物ね。
気持ち悪さはダントツでした。

「怪奇!開かずの箱」
気づいたら蔵に来ていたって、わざわざ夜に来なくても……怖いやん。

「深夜病棟に霊の大群」の北川景子の演技が残念。
間の取り方と表情がアウト~!
北川のミスで亡くなったのかと思ったけれど、そうではなかったのね。

今回の演技派はナンバーワンは温水洋一さんでしょうか。
遠藤憲一さんは顔そのものが怖かった~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

大文字

2017/08/16 Wed 

五山の送り火のうち、右大文字だけがかろうじて見えます。
IMG_1468.jpg

近所の公園は人、人、人。
IMG_1474.jpg

車の大渋滞
IMG_1475.jpg

ニュースなどで「大文字焼き」というのはかんべしてほしい。
せんべいと違うねん。

今年の夏も終わりです。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
寺町仏光寺にある和食のお店「しゅん逢 紗々木」に行ってきました。
ミシュラン★のお店です。

今回は個室を希望。
二部屋のしきりを取り、四人で使わせていただきました。
半個室です。
殺風景なので、花のひとつもほしいところ。
IMG_1417.jpg

牛肉と夏野菜の先付
IMG_1418.jpg

お椀 はもとえびのしんじょう
IMG_1419.jpg

しまあじ、いか、はもの造り
IMG_1420.jpg

八寸
IMG_1422.jpg

タコのなんちゃら
IMG_1424.jpg

コーンとなんとかのほにゃらら
IMG_1425.jpg

う~ん、ええっと
IMG_1426.jpg

ローストビーフ
IMG_1428.jpg

ええっと
IMG_1429.jpg

笹の葉寿司
IMG_1430.jpg

牛肉となすのみぞれ和え
IMG_1431.jpg

さつまいもなどいろとりどりのまぜご飯
IMG_1432.jpg

デザート すいかとキウイ
IMG_1436.jpg

紅茶
IMG_1437.jpg

こちらはは5400円(税込み)のコースです。

入り口からはまだ新しいお店の香りがするのですが、ミシュラン獲得店なのですね。
他の和食店と違うところはお肉を扱っているところでしょうか。
どれも工夫がなされ、あっさりとおいしい。
食材だけでもかなりの種類になり、とても自宅で真似のできるお料理ではありません。

めまいの具合がまだ完治していないので、恥ずかしながら残したときのためにこっそりタッパーを持参。
ご飯以外は完食いたしました。

残ったご飯は、夏場のこともあり、持って帰ってすぐに食べるという約束の元、持ち帰りをさせていただきました。
久しぶりにゆっくりと食事ができ、これをきっかけに早くめまいが治ってほしいものです。
グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)

二度目の救急車

2017/08/02 Wed 

人生で二度目の救急車のお世話になりました。

一度目は五年ほど前。
診断はギックリ腰。

で、今回は……

未明に寝返りをしたところ、強烈なめまいが起きました。
気持ち悪いまま朝を迎え、顔を洗おうとして、またまた世界がぐるんぐるんと回転。

横になっていれば治まるだろうと、じっと寝ていたのですが、夕方には手足のしびれが出てきて、とうとう救急車を呼んでしまいました。

脳のMRI診断をしていただき、問題なし。
疲れだろうということでした。

とはいえ、未だにすっきりせず、右に寝返りをすると世界が回ります。
ネットで検索して、良性発作性頭位めまい症だと自己診断いたしました。

エプリー法という体操がいいということで、早速試そうとしたところ、ぐるんぐるん状態をがまんできず、途中リタイア。
で、余計に気分が悪くなってしまいました。

耳石のはがれが原因だそうです。

放っておいても2,3週間で治るそうですが、早く治すには耳石を移動させるためにじっとしていてはいけないらしい。
とにかく動くこと。

気持ち悪いのに動けません。トホホ
日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
足、速っ!

恋を知ったカホコがだんだん可愛く思えてきました。
今のレベルは幼稚園児なのですね。
汗をかいて走る姿のなんといじらしいことか。

「お母さん、娘をやめていいですか」の母親と同じく、娘を支配している母親。
あちらはシリアス、こちらはコメディ要素でありながらも、娘を思う気持ちはどちらもいっしょ。
自分の言うことに間違いはない、言うとおりにしていれば娘は幸せ、と信じて疑わない。

お金と女に苦労する画家、ミュージシャン、役者はダメ。
なるほど。作家もな。
言わんとすることはわかるけど。

それにしてもあのピザ、2枚で8000円て

高いわっ!

どんだけトッピングしてるねん!

来週は父親の反逆が始まるのか。
ワクワクです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »